「スノーピークミュージアム」新潟に ものづくりの歴史を振り返る展示

2019年8月12日 17:18

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 スノーピーク(Snow Peak)は、「スノーピークミュージアム」を2019年8月24日(土)に、新潟のスノーピーク本社「スノーピークHeadquarters」内にオープンする。

■スノーピークの“ものづくり”を振り返るミュージアム

 「スノーピークミュージアム」は、スノーピークのものづくりの歴史を振り返る展示空間。初代が職人とともに作り上げた山道具や、90年代当時の製品によるオートキャンプシーンの再現など、スノーピークユーザーから寄贈された約200点の製品を紹介する。

 また、高い金属加工技術を誇る燕三条エリアとともに歩んできた、ものづくりの歴史と思想も紹介。職人と開発者の情熱や技術に支えられた、スノーピークの高品質な製品の誕生背景に迫る。燕三条エリアにまつわる展示や、スノーピークの最新の活動を紹介する企画展も定期的に実施される予定だ。

 さらに、ストアではミュージアム限定品や燕三条エリアならではの製品を発売。スノーピークと、燕三条エリアの魅力を発信していく。

■手ぶらBBQプランも

 また、「スノーピークHeadquarters」に併設している「キャンプフィールド」では、2019年8月10日(土)より、気軽にバーベキューを楽しめる「手ぶらBBQプラン」を提供。雨の日でも楽しめるシェルター「ラウンジシェル」の中で、バーベキューに必要な備品、食材を全て用意。まさに手ぶらでバーベキューをすることが可能だ。

【詳細】
スノーピークミュージアム
オープン日:2019年8月24日(土) ※オープン初日はオープニング記念イベントを実施。
住所:新潟県三条市中野原456 スノーピーク Headquarters内
営業時間:11:00~(水曜日定休) ※1回あたり40分程度の見学プログラム。
申込方法:スノーピークHeadquartersストアにて受付
料金:無料
展示内容:
・ギア展示エリア|スノーピーク製品の過去製品と進化の過程を展示
・ムービーエリア|スノーピーク60周年記念ムービーの上映
・企画展示エリア|最新のスノーピークの取り組みや燕三条エリアに関する企画展示
・ストア|ミュージアム限定品、燕三条エリアの製品販売

■手ぶらBBQプラン

開始日:2019年8月10日(土)~
定員:1サイト 6名仕様(最大10名まで利用可能)
※7名以上で利用の場合はチェアの追加料金1人あたり1,000円
営業時間:チェックイン9:00~/ チェックアウト~17:00
※17:00以降は利用不可。
料金:BBQサイト代 10,800円+日帰りキャンプ場利用料(人数分)+BBQ食材費(人数分)
※日帰りキャンプ場利用料:大人500円、小人300円
セット内容:ラウンジシェル/BBQグリル/テーブル ローチェア 6脚 黒炭2~3kg/着火剤/火ばさみ 皿/はし/トング/ゴミ袋 BBQ食材
BBQ食材:1人前 1,620円(税込) 牛カルビ/地元下田産豚肩ロース/地元下田産豚タン/野菜
※食材なしでの予約不可。追加食材の持ち込みは可能。
※プランに飲み物は含まない。
予約方法 :利用予定日の5日前までに電話申し込み。
予約・問い合わせTEL:0256-41-2222(9:00~19:00 水曜定休)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード新潟県スノーピーク(Snow Peak)

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース