ゲームのリーク情報投稿していたYouTuber、自宅に民間会社の捜査員

2019年8月9日 17:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ゲームのリーク情報をYouTubeなどで発信していたYouTuberが、そのゲームのメーカーから動画の取り下げ措置を受け、さらに自宅にそのメーカーに依頼された民間調査会社の調査員がやってくるという事態になったという(AUTOMAON)。また、調査員の訪問から十数分後にはこのYouTuberが使っていたDiscordのアカウントも止められたそうだ。メーカー側は著作権侵害を訴えており、計画的に調査を行っていた模様。

 問題となったゲームは今年9月に発売が予定されている2K Gamesの「ボーダーランズ3」というタイトル。このYouTuberは、視聴者がYouTuberを金銭的に支援できるYouTubeの「メンバーシップ」の仕組みを使い、5ドルの支援と引き換えにリーク情報を提供していたとの話もあるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | YouTube | ゲーム

 関連ストーリー:
ネットアイドルが販売した「お風呂の水」、真偽を巡り騒動に 2019年07月12日
ゲーム関連リークを連発していた匿名Twitterユーザー、任天堂の弁護士から素性を突き止められ電話で警告される 2019年06月13日
おにぎりの一気食いをライブ配信したYouTuber、喉に詰まらせ窒息 2019年04月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権侵害YouTube

広告

広告

写真で見るニュース

  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース