日産セレナ“ギンギラギン”になって登場 フロントマスクの張り出しで勝負する

2019年8月7日 20:46

小

中

大

印刷

セレナ e-POWER ハイウェイスターV。(画像: 日産自動車の発表資料より)

セレナ e-POWER ハイウェイスターV。(画像: 日産自動車の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 苦悩に「のたうち回り」始めた日産。“ギンギラギン”のフェイスで日産・セレナ再登場だが、現代は「威嚇」の時代のようだ。これほどフェイスの張り出しが強くなると、好みの問題だが「さりげなくスマート」の時代が新鮮にさえ感じる。

【こちらも】日産「#助手席孝行」 高齢者(親)の運転を見守る「親孝行5つのポイント」

 しかし確かなる進歩は、先進安全技術「全方位運転支援システム」だ。今回マイナーチェンジしたセレナも全車に標準装備で、現代の安全技術はクルマのグレードによらず、すべて最新装備とする良い習慣となった。

 運転していて注意が必要な後側方について、接近してくる車両を検知し回避するのが「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」、「BSW(後側方車両検知警報)」だが、バックして駐車場から出るときなど後方を横切る車両を検知する「RCTA(後退時車両検知警報)」を装備してきた。

 さらに現在、高齢者の事故で話題になっているアクセルとブレーキの踏み間違いを防止する「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備し、「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」(サポカーS<ワイド>)該当車となっている。こうした安全装置はレベル2の範囲であるが、ハンズフリーなどの技術を急ぐのではなく、こうしたサポートを充実して事故を防ぐ方法が歓迎されよう。

 まことに日本車らしい配慮が進められているのだが、日産・セレナは「アダプティブLEDヘッドライトシステム」を、グレード別に装備した。これは、前方の状況をカメラで検知して、ヘッドライトのハイビームアシストを行う。対向車や先行車の様子をカメラで検知して、両側に12個ずつ計24個配置されたLEDをコントロール、照射パターンの変化により、ドライバーにとって常に視認性の高い状態が維持される。

 LEDヘッドランプだからこそできる芸当で、ファッションにとどまらないLEDの利用は歓迎すべき発想だ。どこまでも日本人を感じさせる。

 セレナに限らず日産「プロパイロット」の進化は止まることはなく、下り坂での設定速度保持や、ブレーキをスムーズに作動させる、ワイパー制御もするなど、「おもてなし」精神で日本車独特の世界を作り出している。いわゆる「ガラケー」にならないことを祈るが、きっと安全性能に関しては世界が追いかけてくるのであろう。

 そして、日産自動車の再生を祈っている。「ガンバレ日産」、技術の日産は生きている。(記事:kenzoogata・記事一覧を見る

関連キーワード日産自動車高齢者セレナ

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース