北朝鮮、9日間に飛しょう体を3回発射

2019年8月2日 21:28

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 数日後に予定されている米韓軍事演習に強く反発している北朝鮮が7月25日、31日に続き、2日午前2時59分頃と24分後の2回にわたり、北東部の咸鏡南道(ハムギョンナムト)永興(ヨンフン)付近から短距離飛しょう体を1発ずつ発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。

 聯合ニュースは米韓軍事演習への反発とともに「韓国が進める最新鋭ステルス戦闘機F35Aなどの導入、非核化を巡る米朝交渉が本格的に始まる前に米国に圧力をかけるという意図もありそう」との見方を示し、伝えた。

 北朝鮮の朝鮮中央放送は7月31日に発射した飛しょう体について、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が新型の大口径操縦ロケット砲の発射実験を指導したと報じ、31日の飛しよう体は「ロケット砲」で、韓国軍が指摘する「短距離弾道ミサイル」ではない旨を発信。

 聯合ニュースは軍事専門家の見方として「射程が数百キロに達する大口径ロケット砲の場合、誘導装置と全地球測位システム(GPS)を搭載すれば一般的な短距離ミサイルと区別が難しいとの指摘もある」とも伝えた。

 防衛省は「北朝鮮による飛しょう体発射については我が国領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されておらず、現時点において、我が国の安全保障に直ちに影響を与えるような事態は確認されていません」と発表。岩屋毅防衛大臣は「詳細については分析中。引き続き警戒・監視に万全を期すよう指示した」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
安倍総理のバランス感覚に懸念の声も
他の国有地も調査し比較検討の上で説明 防衛相
日韓両政府、GSOMIA継続の必要性を共有

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省アメリカ韓国北朝鮮弾道ミサイル安全保障排他的経済水域金正恩

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース