新型マツダCX-30、11月発売予定 グレードと価格は?

2019年7月30日 18:39

小

中

大

印刷

「マツダ CX-30」(欧州仕様車)(画像: マツダの発表資料より)

「マツダ CX-30」(欧州仕様車)(画像: マツダの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 マツダは2019年11月に新型SUV・CX-30の発売を開始する。価格帯は239万2,500円~371万3,600円を予定している。

【こちらも】マツダの今後は? MAZDA3から始まる次世代戦略

 エンジンラインナップは3種類。2,000CCのガソリンエンジSKYACTIV-G 2.0と1,800CCのディーゼルエンジンSKYACTIV-D 1.8、2,000CCのSPCCI燃焼を実現したSKYACTIV-X 2.0だ。すべてのエンジンラインナップに2WDと4WDを設定し、SKYACTIV-GとSKYACTIV-Xには6速MTを設定した。

 CX-30は深化した鼓動デザインを採用しMazda3をベースにしたSUVである。ボディサイズは4,395×1.795×1,540(全長×全幅×全高mm)でCX-3とCX-5のちょうど間くらいになる。トヨタ・CH-Rやホンダ・VEZELが競合となる人気のコンパクトSUVのカテゴリーだ。

 グレード展開は4つ。SKYACTIV-G2.0のみをベースグレードの20Sに設定した。20Sにはフロントガラスにスピードや目的地案内が表示されるアクティブ・ドライビングディスプレイや7インチマルチスピードメーター、8.8インチのセンターディスプレイ、車載通信機などが装備される。

 SKYACTIV-G2.0、SKYACTIV-D1.8、SKYACTIV-X2.0のグレードは3つ。

 20分割でハイビームをコントロールできるアダプティブ・LED・ヘッドライトやパワーリフトゲート、交通標識認識システムなどの安全装備を充実させたPROACTIVグレード。メモリー機能付きパワーシートや360度モニター、前方車両の追従とハンドル操作をアシストするクルージングトラフィックサポートなど快適装備を充実させたPROACTIV Touring Selectionグレード。ブラックとピュアホイワトの2種類から選択できるレザーシートを搭載した最上位グレードのL Packageグレードが展開される。

 詳しい価格は下記の通りである。

・SKYACTIV-G 2.0
 20S :2WD 239万2,500円 4WD262万9,000円
 20S PROACTIV: 2WD 261万2,500円 4WD 284万9,000円
 20S PROACTIV Touring Selection: 2WD 273万3,500円 4WD 297万円
 20S L Package :2WD 279万4,000円 4WD 303万500円

・SKYACTIV-D 1.8
 XD PROACTIV :2WD 288万7,500円 4WD312万4,000円
 XD PROACTIV Touring Selection :2WD 300万8,500円 4WD324万5,000円
 XD L Package: 2WD 306万9,000円 4WD330万5,500円

・SKYACTIV-X 2.0
 X PROACTIV :2WD 329万4,500円 4WD 353万1,000円
 X PROACTIV Touring Selection :2WD 341万5,500円 4WD 365万
 X L Package :2WD 347万7,100円 4WD 371万3,600円

 ボディカラーは8色から選択できる。有償色はソウルレッドクリスタルメタリック、マシーングレープレミアムメタリック、スノーフレイクホワイトパールマイカの3色。その他にジェットブラックマイカ、チタニウムフラッシュマイカ、ディープクリスタルブルー、ポリメタルグレー、ソニックシルバーメタリックの5色が展開される。

 7月末から全国のマツダディーラーでクローズドの予約販売を開始し、発売は11月を予定している。SKYACTIV-Xは来年2月発売予定だ。

関連キーワードマツダSKYACTIVSUVMazda3CX-30

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース