新型マツダCX-30、11月発売予定 グレードと価格は?

2019年7月30日 18:39

小

中

大

印刷

「マツダ CX-30」(欧州仕様車)(画像: マツダの発表資料より)

「マツダ CX-30」(欧州仕様車)(画像: マツダの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 マツダは2019年11月に新型SUV・CX-30の発売を開始する。価格帯は239万2,500円~371万3,600円を予定している。

【こちらも】マツダの今後は? MAZDA3から始まる次世代戦略

 エンジンラインナップは3種類。2,000CCのガソリンエンジSKYACTIV-G 2.0と1,800CCのディーゼルエンジンSKYACTIV-D 1.8、2,000CCのSPCCI燃焼を実現したSKYACTIV-X 2.0だ。すべてのエンジンラインナップに2WDと4WDを設定し、SKYACTIV-GとSKYACTIV-Xには6速MTを設定した。

 CX-30は深化した鼓動デザインを採用しMazda3をベースにしたSUVである。ボディサイズは4,395×1.795×1,540(全長×全幅×全高mm)でCX-3とCX-5のちょうど間くらいになる。トヨタ・CH-Rやホンダ・VEZELが競合となる人気のコンパクトSUVのカテゴリーだ。

 グレード展開は4つ。SKYACTIV-G2.0のみをベースグレードの20Sに設定した。20Sにはフロントガラスにスピードや目的地案内が表示されるアクティブ・ドライビングディスプレイや7インチマルチスピードメーター、8.8インチのセンターディスプレイ、車載通信機などが装備される。

 SKYACTIV-G2.0、SKYACTIV-D1.8、SKYACTIV-X2.0のグレードは3つ。

 20分割でハイビームをコントロールできるアダプティブ・LED・ヘッドライトやパワーリフトゲート、交通標識認識システムなどの安全装備を充実させたPROACTIVグレード。メモリー機能付きパワーシートや360度モニター、前方車両の追従とハンドル操作をアシストするクルージングトラフィックサポートなど快適装備を充実させたPROACTIV Touring Selectionグレード。ブラックとピュアホイワトの2種類から選択できるレザーシートを搭載した最上位グレードのL Packageグレードが展開される。

 詳しい価格は下記の通りである。

・SKYACTIV-G 2.0
 20S :2WD 239万2,500円 4WD262万9,000円
 20S PROACTIV: 2WD 261万2,500円 4WD 284万9,000円
 20S PROACTIV Touring Selection: 2WD 273万3,500円 4WD 297万円
 20S L Package :2WD 279万4,000円 4WD 303万500円

・SKYACTIV-D 1.8
 XD PROACTIV :2WD 288万7,500円 4WD312万4,000円
 XD PROACTIV Touring Selection :2WD 300万8,500円 4WD324万5,000円
 XD L Package: 2WD 306万9,000円 4WD330万5,500円

・SKYACTIV-X 2.0
 X PROACTIV :2WD 329万4,500円 4WD 353万1,000円
 X PROACTIV Touring Selection :2WD 341万5,500円 4WD 365万
 X L Package :2WD 347万7,100円 4WD 371万3,600円

 ボディカラーは8色から選択できる。有償色はソウルレッドクリスタルメタリック、マシーングレープレミアムメタリック、スノーフレイクホワイトパールマイカの3色。その他にジェットブラックマイカ、チタニウムフラッシュマイカ、ディープクリスタルブルー、ポリメタルグレー、ソニックシルバーメタリックの5色が展開される。

 7月末から全国のマツダディーラーでクローズドの予約販売を開始し、発売は11月を予定している。SKYACTIV-Xは来年2月発売予定だ。

関連キーワードマツダSKYACTIVSUVMazda3CX-30

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース