太陽系外惑星命名キャンペーン「IAU100 NameExoWorlds」、日本でも募集中

2019年7月26日 11:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 国際天文学連合(IAU)が、世界中のすべての国・地域がそれぞれ1つの系外惑星系(恒星とそれを公転する惑星)に命名するキャンペーン「IAU100 NameExoWorldsプロジェクト」を実施している。日本もこのキャンペーンに参加しており、「太陽系外惑星命名キャンペーン IAU100 NameExoWorlds」として名前の公募が行われている(応募ガイドページ)。

 日本に割り当てられた系外惑星系はかんむり座の方向距離410光年にある恒星「HD 145457」とそれを公転している巨大ガス惑星「HD 145457 b」で、現在名前とその命名テーマが募集されている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙

 関連ストーリー:
冥王星の地名にはやぶさ 2017年09月09日
初となる太陽系外惑星への命名、日本から提案の4案が採用される 2015年12月21日
はやぶさ2の目的地、小惑星「1999 JU3」の名称募集中 2015年07月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード惑星国際天文学連合

関連記事

広告