ライフ RSS

 

生活を資本化できる副業 (3)「モーニングコール代行」

2019年7月22日 11:02

小

中

大

印刷

 副業をスタートする人にとって一番負担となるのは、準備にかかる時間やお金だといえる。そこで、そのようなハードルがとても低く、気軽に始められる副業を紹介する本コラム。今回は早起きが得意な人にとってとてもチャンスになる副業「モーニングコール代行」を紹介したい。

【こちらも】生活を資本化できる副業 (2)「ミステリーショッパー」

■早起きは3文の得?あなたの得意な早起きをお裾分け!

 朝に強い人であれば、気軽に始められる副業といえる「モーニングコール代行」の仕事。早起きが苦手なサラリーマンたちからの需要が高く、家から電話をかけるだけなので、とてもおすすめの仕事といえる。対応を行うメインの時間帯は5時から9時となり、その時間帯に依頼に応じて電話をかけることになる。

 仕事自体は、モーニングコール代行を募集するサイトなどがあるため、そこに登録さえすれば回ってくる。多くの場合20~40代の女性の募集が多いため、男性にはあまりチャンスがないが、ゼロではないので是非探していただきたい。

■個人情報も相手に伝わらない!コールして声を届けるのみ!

 電話をかけることになるため、個人情報を心配する人もいるだろう。しかしほとんどの業者が、モーニングコール専用の携帯電話の支給、または通話用の専用アプリを用意しているため、私用で使っている携帯番号を伝える必要はない。

 1件につき50~100円ほどの報酬となるものが多く、1日1~2時間ほどひたすらコールする業務スタイルになるだろう。この仕事を無理なく実行している人の中では、月に3~4万円ほどをコンスタントに稼いでいる人もいるようだ。

■あなたの得意を仕事にする副業こそ、負担が少ない副業といえる

 早起きが得意な人であれば、日常の生活にプラスアルファの行動で効率よく稼ぐことができる「モーニングコール代行」の仕事。起こした相手から感謝の言葉を直接もらえることも多いため、やりがいを感じている人も少なくない。本業に行く前に簡単に一仕事を終えられるのもメリット。是非気軽に始めてみるのはいかがだろうか。(記事:後藤遼太・記事一覧を見る

関連キーワード副業

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース