公取委、ジャニーズに注意 元SMAP3人を出演させないよう圧力か

2019年7月19日 09:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 pongchang曰く、

 大手芸能事務所「ジャニーズ事務所」が、同事務所を退所したタレントらを出演させないよう民放テレビ局などに圧力をかけていた疑いがあるとして、公正取引委員会が同事務所に対し独占禁止法違反に繋がるおそれがあるとして注意を行ったことが報じられている(NHK)。

 これに対し、ジャニーズ事務所は「弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はない」「行政処分や警告を受けたものではない」と発表した

 人材と競争政策に関する検討会(パンフレット)も参照されたい。「独占禁止法をめぐる芸能界の諸問題」にもSMAPは例示されている。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | テレビ | ニュース | 政府

 関連ストーリー:
ジャニーズ事務所もバーチャルアイドルに参入 2019年02月19日
ジャニーズ事務所、雑誌の電子版では未だ所属タレントの写真掲載をNGに? 2018年08月28日
公取委、AppleがYahooのゲーム配信サービス「ゲームプラス」に圧力をかけたとして調査 2018年08月17日
フリーランスへの不利な契約の押し付け、独占禁止法の適用対象へ 2018年02月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNHK公正取引委員会独占禁止法

広告

広告

写真で見るニュース

  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース