はさぶさ2、2回目のタッチダウンに成功

2019年7月13日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」への第2回タッチダウンに成功した(JAXAの第2回タッチダウン画像速報ITmedia)。

 タッチダウンは7月11日午前10時5分ごろに開始された。高度30mまで接近したあとのタッチダウンは自律処理で行われ、その後10時42分頃に地上管制室とはやぶさ2との通信が回復した。

 今回のタッチダウンは、4月にはやぶさ2の衝突装置を使って作成した人工クレーターから地下物質を採取することを目的に行われた。採取には成功したと見られており、JAXAは今回のミッションについて「一番大きい山は越えた」「100点満点中1000点」としている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | 宇宙

 関連ストーリー:
はやぶさ2、4月5日の衝突体発射による人工クレーター生成成功を確認 2019年04月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード宇宙航空研究開発機構(JAXA)惑星はやぶさ2リュウグウ

広告

写真で見るニュース

  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース