Micron、需要低迷に対応しDRAMやNANDフラッシュメモリを減産へ

2019年7月6日 13:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 MicronがDRAMのやNANDフラッシュメモリの生産量を削減する方針を発表した(EE Times Japan)。

 DRAMウエハーについては5%、NANDフラッシュメモリについては10%の削減を行うとのこと。DRAMの需要が低迷しており、またNANDフラッシュメモリについては3D NANDフラッシュメモリへの以降によって供給量が増加したために市場では供給過剰の状態が続いているという。

 メモリ大手のSamsung、SK Hynix、Micronの売上は2018年夏頃がピークで、それ以降は売上高が急激に落ち込んでいたという(2019年4月のPC Watch記事)。背景にはDRAMのNANDフラッシュメモリの需要減少による値下がりがあるそうだ。なお、NANDフラッシュメモリ市場については2019年後半、DRAMについては2020年までに公転するとの予測がある(マイナビニュース)。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSamsung

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース