トヨタ、「ポルテ」「スペイド」を一部改良 特別仕様車も設定

2019年7月4日 18:27

小

中

大

印刷

ポルテ F(2WD)<オプション装着車>。(画像:トヨタ自動車発表資料より)

ポルテ F(2WD)<オプション装着車>。(画像:トヨタ自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • ポルテ F(2WD)インテリア。
  • ポルテ特別仕様車 F“Raffine”<オプション装着車>。
  • スペイドF(2WD)<オプション装着車>。
  • スペイドF(2WD)インテリア。
  • スペイド 特別仕様車 F“Noble collection”(2WD)<オプション装着車>。

 トヨタ自動車は、ポルテとスペイドを一部改良し、またそれぞれに特別仕様車を設定、7月3日に発売した。

【こちらも】トヨタ、トールワゴン「ポルテ」「スペイド」に特別仕様車 上質感高める

 ポルテはトヨタのトールワゴンである。初代は2004年から2012年まで販売され、2012年からの2代目では「プチバン」としての側面も与えられた。スペイドはポルテのフルモデルチェンジと同時に登場したその姉妹車に位置付けられる、やはりトールワゴン。

 今回の改良では安全装備として、レーザーレーダーと単眼カメラにより、昼間の歩行者を検知対象に加える「プリクラッシュセーフティ」が採用。また駐車場などで、アクセルとブレーキを踏み間違えたときに衝突被害を軽減する「パーキングサポートブレーキ」がオプションで設定されている。

 ボディカラーは、ポルテはモノトーン7色、ボディ上部にアッシュグレーメタリックを合わせたツートーンカラーが3色。スペイドもモノトーン7色、ブラックのカーボン調ルーフフィルムを組み合わせた3色というカラーバリエーションになっている。

 特別仕様車の名前は、ポルテがF“Raffine”、スペイドがF“Noble collection”。それぞれのグレードの「F」をベースに、専用シートやルーフフィルムなどの特別装備で上質感を高め、パーキングサポートブレーキがオプションではなく特別装備となっている。

 またパーキングサポートブレーキ装着車であるため、いわゆる「サポカーS」の「ワイド」の認定を受けられる。

 グレードはポルテ・スペイドがそれぞれX・Y・F・Gの4種類、それぞれに2WDと4WDがあり、価格は182万8,440円~212万8,680円(消費税込、以下同)。

 特別仕様車はポルテのRaffineが200万7,720円~215万8,920円、スペイドのNoble collectionが200万7,720円~215万8,920円。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車特別仕様車

広告

広告

写真で見るニュース

  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース