トヨタ、トールワゴン「ポルテ」「スペイド」に特別仕様車 上質感高める

2018年11月6日 16:14

小

中

大

印刷

ポルテ特別仕様車 F“Raffine” 。(画像:トヨタ自動車発表資料より)

ポルテ特別仕様車 F“Raffine” 。(画像:トヨタ自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • スペイド特別仕様車 F“Noble collection”。(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • ポルテ F“Raffine”
  • ポルテ F“Raffine” インテリア
  • ポルテ F“Raffine” インテリア

 トヨタ自動車は、トールワゴンのポルテに特別仕様車F“Raffine(ラフィネ)”、スペイドに特別仕様車 F“Noble collection(ノーブルコレクション)”を設定、ポルテは全国のトヨタ店とトヨペット店、スペイドは全国のトヨタカローラ店とネッツ店で、11月5日に販売を開始した。

【こちらも】トヨタ、アルファードとヴェルファイアに衝突軽減装置を標準装備

 ポルテは2004年に登場したトヨタのトールワゴンで、2012年にフルモデルチェンジが行われた。車名の由来はフランス語で「扉」。ちなみに「ラフィネ」はフランス語で「上質な」という意味である。

 スペイドは2012年、ポルテのフルモデルチェンジと同日に初代モデルが発売された。名前の由来は、トランプのスペードと「Space」「Wide」を組み合わせた造語から。「ノーブルコレクション」は英語で「気品のある」という意味。

 今回の特別仕様車は、ポルテ、スペイドとも「F」がベースとなっている。革調シボ付ルーフフィルム、本革巻きのステアリングホイールとシフトレバーノブ、そして専用シートを採用し、主要な内装色をブラックに統一、また各所にメッキ加飾を施すことで、上質感を高めている。

 外板色は、共通色としてブロンズマイカメタリックがあり、ラフィネにはそのほかホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックマイカ、クリームベージュ、ダークブラウンマイカメタリックがある。ノーブルコレクションにはホワイトパールクリスタルシャイン、ブラック、ダークブラウンマイカメタリック、ブルーメタリックがある。また、新採用のルーフフィルムと組み合わせることで、ツートーンのカラーリングを楽しむことが可能。

 価格はラフィネ2WDが197万9,640円、4WDが213万840円。ノーブルコレクション2WDが197万9,640円、4WDが213万840円となっている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車特別仕様車

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース