中国の習主席、国賓として来春訪日へ

2019年6月29日 09:48

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 中国の習近平国家主席が来年春、国賓として訪日する予定になった。安倍晋三総理が27日、国賓としての訪日を招請し、習主席が原則として受け入れたと外務省が発表した。

 G20大阪サミット出席のため訪日している習国家主席と安倍総理との日中首脳会談が27日、約1時間、その後に夕食会が約1時間10分にわたり行われた。

 両国首脳は日中関係について「「新時代を切り開いていくとの決意を共有した」としている。また「双方の共通利益を拡大させつつ、長期的に安定した日中関係を構築することでも一致した」という。

 一方、安倍総理は「日中関係及び地域・国際社会の平和と安定という大局に立って、東シナ海、特に尖閣諸島周辺海域での中国の活動の自制を要請。国際社会共通の関心事項である南シナ海問題についても係争中の地形の非軍事化の重要性を指摘した」。

 また安倍総理は最近の香港の状況を踏まえ「引き続き『一国二制度』の下で自由で開かれた香港が繁栄していくことの重要性を指摘」した。

 加えて、安倍総理は「いかなる国であっても、自由、人権の尊重、法の支配といった国際社会の普遍的価値が保障されることの重要性を指摘」した。

 このほか、北朝鮮情勢については習主席から「中朝首脳会談で日朝関係に関する日本の立場、安倍総理の考えを金正恩朝鮮労働党委員長に伝えた」と紹介があった。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
課題に具体的解決策見いだすサミットに 総理
日ロ交渉加速、対北は金委員長と向き合うと総理
外相12日から訪ロ、総理も下旬に予定

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三中国外務省G20習近平

広告

写真で見るニュース

  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
  • 双子原始星からのふぞろいな分子流と円盤の想像図 (c) 国立天文台
  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース