米中貿易戦争の影響で躍進する中国のオープンソースデータベース開発企業

2019年6月28日 20:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 OracleやIBMは長年にわたり、成長の見込まれる中国のデータベース市場に投資してきた。しかし、現在では米中貿易戦争が過熱していることから、中国のある新興企業が市場に参入し力を付けてきている。この企業は上海を拠点とする「PingCAP」で、すでに中国国内で300社を超える顧客を獲得している。顧客の多くはOracleやIBMからの移行組だ。

 PingCAPはオープンソース技術をベースとするスタートアップ企業で、オープンソースの分散データベースシステム「TiDB」が主力製品となっている。

 PingCAP躍進の理由の1つには米中貿易戦争の影響がある。中国内でもOracleやIBMのデータベースを採用する企業は少なくないが、ビジネスにおいて重要となるシステムが国外製品に依存することはリスクではないかとの考えが出てきているそうだ。中国では金融、製造から医療まであらゆる業界のシステムがインターネットに接続しており、Huaweiのように米国の主要技術から切り離されればその悪影響は計り知れない。

 なお、ガートナーは2022年までに世界中の社内アプリケーションの新規分約70%はオープンソースのデータベースを使って開発されると予測している(BloombergSlashdot)。

 スラドのコメントを読む

 関連ストーリー:
ファーウェイ、米ベライゾンに対し1080億円超の特許ライセンス料を要求 2019年06月14日
孫正義曰く、ArmはHuaweiとの関係継続を望んでいる 2019年06月23日
米国でファーウェイによる特許訴訟を行えなくするための法案が提出される 2019年06月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国スタートアップIBMOracleファーウェイ(Huawei)オープンソース

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 画像はイメージです。
  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース