メゾン ミハラヤスヒロ、2020年春夏コレクション発表

2019年6月25日 21:49

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 メゾン ミハラヤスヒロ(Maison MIHARA YASUHIRO) 2020年春夏コレクションが、2019年6月21日(金)にフランス・パリで発表された。

■“お気に入りのシャツ”を繋ぎ合わせて

 今季のミハラヤスヒロも、ブランドが得意とするハイブリッドな手法が健在。一枚の洋服には異なるテキスタイルが混在していて、バリエーション豊富なシャツがその筆頭。“お気に入りを繋ぎ合わせてしまおう!”と言わんばかりに、グラフィック柄、複数のチェック柄、小花柄…といった様々なテキスタイルが、1つのルックにひしめき合っている。

■ミリタリーな要素をドッキングしたワードローブ

 また2つ以上の異なる洋服をドッキングさせたワードローブには、ミリタリーな要素が詰め込まれている。MA-1×ジャケット、モッズコート×トレンチコートは、袖を通すことで異なる表情をみせてくれるだけでなく、その着こなしも逸脱。本来スリーブのある場所の下からアームを出していたり、片側だけしか袖を通していなかったりと、あらゆる“意外性”が秘められているのだ。

■ボトムスはミリタリーパンツを主流に

 ハーフ丈やロング丈を揃えるゆったりとしたボトムスは、ミリタリーパンツをベースに。ヨーロッパの古着のディテールを取り入れたというそのパンツには、収納力に長けた大きなポケットに加え、随所にジップを張り巡らしているのが特徴。ジップの開閉によって裾の幅も調整することができる機能面も重視されている。

■ディスクユニオンとコラボレーション

 アンダーグラウンドカルチャーへの憧れを1つのテーマに掲げる今季は、そんなカルチャーを牽引し、日本のインディペンデント音楽を中心に現存するレコードショップ「ディスクユニオン」とのコラボレーションも発表した。カタカナで両者の名前を綴ったTシャツをはじめ、「ディスクユニオン」のロゴを配したPVCバッグ、シューズといった小物アクセサリーも展開される。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションメゾン ミハラヤスヒロパリ2020年春夏コレクション

広告