加齢で減る酵素を若いマウスから採取して注射、老化遅らせる効果

2019年6月20日 18:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 生命活動に必須の「NAD」という物質を合成する「eNAMPT」という酵素は加齢によって減少していき、さらにこの酵素を若いマウスの血液から採取して老化したマウスに注射することで老化を遅らせる効果があるという研究結果が発表された(朝日新聞日本医療研究開発機構の発表Cell Metabolism誌掲載論文)。

 NADは加齢とともに減少していき、これによって臓器や組織の機能低下や老化関連疾患の原因となることが知られていた。今回の研究ではマウスへの注射により中間寿命(健康寿命)が10.2%、最大寿命が15.8%延びるという結果が得られたという。なお、人間においても加齢による血液中のeNAMPT量減少が確認されているそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
糖質制限されたマウスは寿命が約2割短くなったという実験結果 2019年05月21日
普段から速く歩く人の平均余命は肥満度の影響を受けず、遅く歩く人よりも長生きするという研究成果 2019年05月19日
不健康な食生活で寿命が縮む。最大の原因は塩分の取り過ぎ 2019年04月10日
遺伝子を調べて人の老化状況を調べる技術の開発が進む 2018年10月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード老化日本医療研究開発機構

広告