カルビー、ポテトチップス「うすしお味」を塩分を抑えリニューアル

2019年6月19日 09:27

小

中

大

印刷

「60gポテトチップス うすしお味』(写真:カルビーの発表資料より)

「60gポテトチップス うすしお味』(写真:カルビーの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「ポテトチップスクリスプ うすしお味」(写真:カルビーの発表資料より)
  • 「パッケージ裏面」(写真:カルビーの発表資料より)

■「ポテトチップス うすしお味」リニューアル販売

 カルビーは6月中旬より、定番商品「ポテトチップス うすしお味」の塩分を約5%削減し、リニューアル発売する。大相撲の大関・貴景勝をプロモーションに起用し、“おいしさと 真っ向”をキーワードに売り出す(価格はいずれも税込)。

【こちらも】アポロ11号イメージして作られたチョコ「アポロ」が誕生から50周年

■商品特長

 「28g」「60g」「85g」商品のパッケージ裏面には、使用されている塩分量を記載する。例えば「60g」商品の場合、塩分量はこれまでの0.6gから0.5gに削減。パッケージの裏面には、じゃがいものおいしさを引き立たす食塩量のクイズも載せる。

 元々原材料が少ない「うすしお味」は改良が難しかったが、今回のリニューアルにあたっては、味をそのままに食塩量を減らすため、200回の試作を繰り返したという。

■じゃがいものこだわり

 カルビーは、ポテトチップスには欠かせないじゃがいもを、35年以上にわたり契約生産者と共に生産し続けてきた。土づくりや、植え付け、生育、掘り取り、出荷にこだわったじゃがいもを使用している。

■プロモーションには貴景勝を起用

 今回の「うすしお味」リニューアルのプロモーションには、大関・貴景勝を起用。貴景勝の相撲に取り組む「真摯な姿勢」や、「王道的な相撲スタイル」から、“おいしさと 真っ向”をキーワードとしてPRを行うという。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードカルビー貴景勝

広告

写真で見るニュース

  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
  • 案内ロボット「ゴーカンナ君」(画像: アキュラホーム発表資料より)
  • トヨタ・ハイランダー(画像: 米国トヨタの発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
 

広告

ピックアップ 注目ニュース