身近には意外にいない「指摘、ダメ出しをくれる人」

2019年6月18日 18:32

小

中

大

印刷

 あるテレビ番組で、高齢者の限定免許が検討されている話題が取り上げられていました。75歳以上では、自動ブレーキや踏み間違い防止などの安全装置がついた車の運転に限るという案らしいです。
 一つの対策ではありますが、75歳以上でも問題ない人もいるでしょうし、反対にそれ以下の年齢でも危険な人はいます。年齢で区切る難しさが話されている中で、出演者の一人だった武田鉄矢さんがこんな話をしていました。

【こちらも】ビデオ会議「Zoom」活用で、起業前後の”孤立”を解消!

 ご自身が、年令とともにセリフが覚えづらくなり、特定の人名や地名などが全然入ってこないことがあるそうです。最近はある舞台でセリフが飛んでしまって、冷や汗をかくことがあったそうですが、そういうことが年とともに起こるようになったと感じているそうです。
 そんな中で、自分ではまだ大丈夫だと思っていても、実は他人から見ると危ういことがあるのではないかと思い、ご自身のマネージャーには「ダメだと思ったらダメだと言ってくれ」と伝えているそうです。「自分の衰えを自分だけで自覚するのは難しく、誰か第三者の目が必要だ」と言っていました。

 この話で、今の私自身にも思い当たることが数多くあります。
 一番は、ダメ出しをされたり、何か指摘を受けたりする機会が、年齢とともに減って来たことです。自分の先輩にあたる人からは、今でもいろいろな指導をしてもらえますが、自分の年齢が上がるとともに、そういう人は減っています。
 私の場合は、社外の専門家として仕事をしているせいか、指導者や先生として扱われることが多いです。個人的にはあまり好ましいと思っていませんが、そうなるのは仕方がないところもあります。
 そんな関係性では、何かを指摘されたり、ダメ出しをされたりすることが非常に少なくなり、ダメ出しイコール契約終了なので、何かあってもそれを修正するまでの時間の猶予が得られません。もちろん、自分の非は自分で考えなければなりませんが、実際にやろうとすると、なかなか難しいものです。
 忌憚なく意見を言ってもらったり、意見の違いを言い合ったりできる関係は、かなり意識的に作らなければなりません。

 同じことは、会社の経営者や管理職でも言えます。偉くなるほど苦言を呈してくれる人が少なくなり、自分で気づきを得る機会が減っていきます。
 自分の身近に指摘やダメ出しをしてくれる人がいる経営者や管理者は、何か判断を間違ったときの修正が早いですが、そういう人は、自分で意識して苦言をもらえる相手を身近に置いています。
 自分自身を客観視する意識はとても重要ですが、100%自分でやることには限界があります。やはり「信頼できる第三者」が必要です。

 さらに、若手であっても、同じく自分に課題を指摘してくれる存在は大事です。ただ、最近は様々な理由で、それがやりづらくなっている様子が見受けられます。
 例えば、若手がなかなか納得せずに説明を求め続けるために、上司が根負けしてそのまま放置するケースがあります。納得した上で行動したい若手の考えはわかりますが、それに対応する上司には、かなりの根気が必要です。根気が尽きてしまう上司の気持ちもわかります。
 自分の納得を優先し過ぎることで、経験のチャンスを失うことがありますから、時には納得が半信半疑でも、上司に従ってみることで得られるものがあるはずです。

 正直言って「煙たい存在」になりがちな、「指摘、ダメ出しくれる人」ですが、誰にとってもそういう人が身近にいてくれることにメリットがありますし、意識的に求めなければ、そういう人はなかなか身近には現れません。

 どんな立場にいる人でも、自分の足りないことを「指摘、ダメ出ししてくれる人」の存在は、とても重要です。
 そういう人がいるならばその人を大事にし、いないならば自分なりに見つける努力が必要だと思います。

※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

著者プロフィール

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html

記事の先頭に戻る

関連キーワード高齢者

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース