コインランドリーのキャッシュレス化へ NTT西とWASHハウスがアプリ開発へ

2019年6月17日 21:13

小

中

大

印刷

 ライフスタイルの変化により急成長を遂げながら、キャッシュレス化の取り組みが遅れているコインランドリー業界にQRコード決済を導入しようと、NTT西日本(大阪市中央区)と九州を中心にコインランドリーを展開するWASHハウス(宮崎市)は17日、コインランドリー用スマートフォン向けアプリの開発に向け提携すると発表した。公開は今年秋頃を予定している。

【こちらも】ファミマ、フィットネスやコインランドリー併設店の展開を加速へ

 両社が開発を進めているのは、QRコードを読み取ることで、使いたい洗濯機や乾燥機を特定し、決済を行うとともに運転を開始させるスマホアプリ。運転終了までの時間もスマホの画面に表示することができる。またアプリを通じた、キャンペーン情報などの提供もできるという。

実際にアプリやシステムを開発するのはNTT西日本の子会社のNTTビジネスソリューションズで、今年秋頃までの完成・公開を目指している。

 WASHハウスは、2001年に設立し、翌年に宮崎県内でコインランドリー3店を開業。その後九州を中心に店舗を展開し、九州7県に440店、中国62店、関東41店など青森から鹿児島まで1都1府20県に計597店(2019年5月現在)のコインランドリーを展開している。

 同社のフランチャイズ事業の特徴は、加盟店が運営手数料を支払う代わりに、店舗運営や売り上げ管理は会社側が行っていることで、加盟店側は店舗運営にほとんど携わることなく、売り上げ収入を得られる。このため同社は、IoT技術を使い、コインランドリーなどの機器を遠隔操作するシステムを導入。Webカメラも備え、無人での店舗運営を可能にしている。

 コインランドリー業界は、先進国である米国で個人事業主による経営が主流となっていることもあって、フランチャイズ店でも事業主に経営が任されているところが多く、キャッシュレスが進んでいなかった。このためICT技術を持つNTT西日本と、本部主導型の経営を行っているWASHハウスでキャッシュレス化に取り組むことになった。

 両社は「国の主導でキャッシュレス決済の環境が整備されるなか、取り組みが遅れているコインランドリー業界の課題を解決するため、協力していきたい」としている。

関連キーワードIoT(Internet of Things)NTT西日本キャッシュレス決済

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース