ファミマ、フィットネスやコインランドリー併設店の展開を加速へ

2019年2月13日 20:33

小

中

大

印刷

「Fit&GO関内店」イメージ(写真:ファミリーマート発表資料より)

「Fit&GO関内店」イメージ(写真:ファミリーマート発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ファミリーマート(東京都港区)は13日、同社が展開する24時間営業のフィットネスジム「Fit&GO」の2号店をオープンすると発表した。横浜常盤町店(横浜市)の2階に「Fit&GO関内店」として14日11時に開店。同店を皮切りに、「Fit&GO」のほか、コンビニとコインランドリーを融合させた「Famima Laundry」についても順次オープンし、次世代一体型店舗の展開を加速していく。

【こちらも】ファミリーマート、スマホ決済「ファミペイ」を7月から導入へ

 「Fit&GO」は、ファミリーマートに併設された24時間365日利用可能なフィットネスジム。トレーニングのナビゲートやマシンの使い方説明を行う専用アプリを用意している。ファミリーマートで利用できるクーポンの発行もしており、これを使った運動前後のアイテムや飲食物の購入も一体型店舗としての狙いの一つとなっている。ジム内には、「STRETCH(ストレッチ)」「CARDIO(カーディオ)」など5つのゾーンで構成されるトレーニングエリアのほか、身体機能の改善を目的としたファンクショナルエリアやシャワー・ロッカールームなどを設置。入会金なし、月額費7,900円(税別)から利用できる。「Fit&GO」1号店は大田永原店(2018年2月オープン)。

 もうひとつのコンビニ併設型として展開するのが「Famima Laundry」。“日々のお洗濯をもっとラクに、もっと楽しく、もっと本格的に”をコンセプトとしたコインランドリーで、こちらも24時間365日の営業。コインランドリーは、雨天時に利用客数が増えるなどコンビニとは反対の特徴があることから、新たな加盟店収益につながるなど、親和性が高いサービスだとする。洗濯を待つ間のイートインスペース利用者やついでの買い物客の増加が見込まれる。2018年3月に1号店をオープンした。

 今後の展開予定としては、「Fit&GO」3号店となる仲六郷第一京浜店を28日にオープン予定。「Famima Laundry」は、25日に三郷彦川戸一丁目店、27日に東砂七丁目店、28日に二葉三丁目店、杉並下井草一丁目店、仲六郷第一京浜店を順次オープンする予定だ。(記事:西舘妙子・記事一覧を見る

関連キーワードフィットネスファミリーマート

広告

広告