ticket board、チケットの不正転売を防止する新アプリ「LIVE QR」提供開始

2019年6月14日 16:48

小

中

大

印刷

「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)

「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 14日から「チケット不正転売禁止法」が施行されるのにあわせ、コンサートやイベントのチケット販売を行うボードウォーク(東京都千代田区)は、800万人の会員を有する自社の電子チケットサービス「ticket board」の機能を強化する。チケットの不正転売を、牽制・抑止・検知する機能を新たに加えた、入場専用のスマートフォンアプリ「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の提供を開始する。

【こちらも】お気に入りアーティストのライブ情報を逃さず届ける 「Freax」iOS版リリース

 LIVE QRの主な特徴は、不正転売をさせないための「一定期限で切り替わるQRコードによる認証」と「顔写真の登録」に加え、ネットワーク障害が起きたときでも入場が可能となる「ネットワーク障害への対策機能」の3点となる。

 60秒という一定期間で切り替わるQRコードは、入場時に最新のコードのみが認められるため、従来多かった、事前にQRコードをキャプチャする行為が無効になる。またQRコードが切り替わるまで、コードの周りにある円が周回するので、これもキャプチャを抑止する。さらにQRコードは暗号化され、偽造も難しい構造とする。

 LIVE QRの顔認証登録は、アプリ内で撮影した写真と、当日の本人の顔を比較して本人確認を行う。これまで本人確認が必要な公演等は、写真付きの身分証明書でチェックしていたが、LIVE QRを利用するとこのアプリのみで完結する。また申し込み中は顔写真を変更することも出来ないため、転売防止にもつながる。

 これら2つの機能で、不正転売を牽制・抑止し、さらに会場で検知することが可能になる。

 今回のリリースでは、これらの機能に加えて、ネットワーク障害対策の機能も付加した。ネットワーク障害で電子チケットが利用できなくなった事態が発生したことをふまえ、メールで公演前にダウンロードを促し、前日に一度でもQRコードを表示していれば、当日はオフラインでも入場できる仕組みだ。

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース