スイス時計「ローマン・ゴティエ」から18Kホワイトゴールドモデル、30本限定

2019年6月8日 12:19

小

中

大

印刷

インサイトマイクロローター・ホワイトゴールド限定モデル。(画像:SwissPrimeBrands発表資料より)

インサイトマイクロローター・ホワイトゴールド限定モデル。(画像:SwissPrimeBrands発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • インサイトマイクロローター・ホワイトゴールド限定モデル
  • インサイトマイクロローター・ホワイトゴールド限定モデル
  • 青焼き針、18Kホワイトゴールド製針、18Kホワイトゴールド製針

 スイスの高級時計ブランド「ローマン・ゴティエ」の「インサイトマイクロローターシリーズ」から、18Kホワイトゴールドモデルが登場する。生産数は限定30本で、価格は970万円(税抜)。

【こちらも】スイス時計「ローマン・ゴティエ」からクリスタルオパールをあしらった新作腕時計

 同シリーズからは既に18Kレッドゴールド・プラチナ・チタンのモデルは発売されていたが、18Kホワイトゴールドモデルはこれが初めてである。

 自社製の自動巻きムーブメントは、ローマン・ゴティエ自身がゼロから設計したもので、22Kゴールド製マイクロローターを搭載する。このマイクロローターは2つのブリッジのあいだを回転し、文字盤とケース裏の両側から見ることができる。

 ルビーベアリングによって摩擦を最小限にし、かつ耐摩耗性が高いため、動きは滑らかで音を立てることはない。フルに巻き上げた状態では、80時間というロングパワーリザーブを有する。

 12時の位置の文字盤が時・分針で、中央にあるのがスモールセコンドとなっている。ケースバックはシースルーで、マイクロローターをはじめとするトルク伝達の一連の構造と、妥協なく仕上げられたパーツを一望することができる。裏から見えるブリッジには4.5Nローズゴールドプレートが施されていて、それをローマン・ゴティエの特徴というべき「S字の溝の入ったネジ頭」が固定している。

 この時計は高級時計の聖地とも言われる、スイスのジュウ渓谷にあるローマン・ゴティエの工房で作られている。インサイトという名称は、ムーブメントの視認性を極限まで高め、その構造と仕上げを鑑賞することができることに由来する。

 生産数30本であるが、内訳として、青焼き針のモデルが10本、ブラックエナメルのダイヤルのモデルが10本、ブルーエナメルのダイヤルのモデルが10本である。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードローマン・ゴティエ

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース