スズキ、新型「KATANA」を5月30日に国内発売 151万2,000円

2019年5月25日 21:15

小

中

大

印刷

新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)

新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 スズキは、大型二輪車「KATANA(カタナ)」を5月30日から日本国内で発売すると発表した。欧州では2019年春から販売され、好評を得ていたモデルである。年間目標販売台数は1,000台、価格は消費税込みで151万2,000円。

【こちらも】モトグッツィ、V7 IIIの特別仕様車「V7 III Rough」を発売

 KATANAとはもちろん刀、日本刀をイメージした名前ということであるが、刀鍛冶が鋼を鍛えるように、丹念に作り上げることを比喩的に表現したものである。1980年、ドイツのケルンショーにプロトタイプが出品され、当時としては極めて先鋭的だったデザインは「ケルンの衝撃」と称せられた。プロトタイプのデザインのまま発売されることはないだろうとの予測を覆して翌年、ほぼそのままで発売され、注目を集めた。これが初代KATANAと言うべき「GSX1100S KATANA」である。

 今回の新型、開発コンセプトは「Forging a New Street Legend」。新たなるストリートバイクの伝説の鍛造、という意味である。燃料タンクからフロントまで「洗練された刀のような」流れるラインをあしらい、車体先端下部のLEDポジションランプも刀の切っ先をイメージして、特徴的な顔立ちを形成している。

 エンジンは「GSX-R1000」のそれをベースとしており、水冷直列4気筒998cm3エンジン。低回転域での力強いトルクと、高回転域のパワフルさが特徴である。スターターモーターを推し続ける必要はなく、ワンプッシュでエンジンを始動する「スズキイージースタートシステム」が採用されている。

 滑りやすい路面状況でもブレーキによるホイールロックを回避する電子制御式ABSを標準装備、また、軽量でコンパクトな液晶ディスプレイの多機能インストルメントパネルを採用している。

 カラーは、ミスティックシルバーメタリック(銀)とグラススパークルブラック(黒)の2色が採用されている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードスズキ二輪車(バイク)

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース