モトグッツィ、V7 IIIの特別仕様車「V7 III Rough」を発売

2019年5月16日 08:32

小

中

大

印刷

V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)

V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • V7 III Rough、グラファイトグレー。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough、ミメティコグリーン。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)

 イタリアのオートバイメーカー・モトグッツィは、人気モデルV7 IIIの特別仕様車「V7 III Rough」を5月17日に発売する。全国のモトグッツィ正規販売店で受注、出荷は5月下旬から。

【こちらも】カワサキ、70年代発売の二輪車「Z1」「Z2」愛好家向けにエンジン部品再生産

 モトグッツィは1921年に設立されたイタリア最古のオートバイメーカーで、現在はピアッジオの傘下にある。イタリアのオートバイメーカーは、レース活動に注力したりスポーツモデルの開発に力を入れるところが多いが、モトグッツィは長年に渡り、ツーリングモデルをその製品の主軸に置いている。

 V7はそのモトグッツィのラインナップの中でももっとも重要なものであり、1967年以来、イタリアのバイクの代表格として幅広い層から人気を集めている。V7 IIIは2017年に登場した第三世代であり、ベストセラーに相応しい能力と、時代を超えて愛されるバイクになるためのキャラクターの二つを与えられた存在である。

 今回発売される「V7 III Rough」は、V7 III Stoneをベースとしたカスタムモデルであり、カントリースタイルに都会的な要素を表現した個性的なルックスが特徴となっている。ブラックアウトされたマットな車体に、シンプルなアルミ製フェンダー、そしてスポークホイールのブロックパターンタイヤなどがその世界観を強調する。

 専用ステッチが施されたグラブストラップ付シートと、モデルネーム入りアルミニウム製サイドカバーは専用装備である。アルミニウム製の前後フェンダーはクラシカルなデザインとなっており、フロントフォークのラバーブーツがビンテージな装いをさらに引き立てる。

 カラーバリエーションはグラファイトグレーとミメティコグリーンの2色で、いずれもマット仕上げである。価格は消費税込みで、115万5,600円となっている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード特別仕様車イタリア二輪車(バイク)モトグッツィ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース