モトグッツィ、V7 IIIの特別仕様車「V7 III Rough」を発売

2019年5月16日 08:32

小

中

大

印刷

V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)

V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • V7 III Rough、グラファイトグレー。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough、ミメティコグリーン。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)

 イタリアのオートバイメーカー・モトグッツィは、人気モデルV7 IIIの特別仕様車「V7 III Rough」を5月17日に発売する。全国のモトグッツィ正規販売店で受注、出荷は5月下旬から。

【こちらも】カワサキ、70年代発売の二輪車「Z1」「Z2」愛好家向けにエンジン部品再生産

 モトグッツィは1921年に設立されたイタリア最古のオートバイメーカーで、現在はピアッジオの傘下にある。イタリアのオートバイメーカーは、レース活動に注力したりスポーツモデルの開発に力を入れるところが多いが、モトグッツィは長年に渡り、ツーリングモデルをその製品の主軸に置いている。

 V7はそのモトグッツィのラインナップの中でももっとも重要なものであり、1967年以来、イタリアのバイクの代表格として幅広い層から人気を集めている。V7 IIIは2017年に登場した第三世代であり、ベストセラーに相応しい能力と、時代を超えて愛されるバイクになるためのキャラクターの二つを与えられた存在である。

 今回発売される「V7 III Rough」は、V7 III Stoneをベースとしたカスタムモデルであり、カントリースタイルに都会的な要素を表現した個性的なルックスが特徴となっている。ブラックアウトされたマットな車体に、シンプルなアルミ製フェンダー、そしてスポークホイールのブロックパターンタイヤなどがその世界観を強調する。

 専用ステッチが施されたグラブストラップ付シートと、モデルネーム入りアルミニウム製サイドカバーは専用装備である。アルミニウム製の前後フェンダーはクラシカルなデザインとなっており、フロントフォークのラバーブーツがビンテージな装いをさらに引き立てる。

 カラーバリエーションはグラファイトグレーとミメティコグリーンの2色で、いずれもマット仕上げである。価格は消費税込みで、115万5,600円となっている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード特別仕様車イタリア二輪車(バイク)モトグッツィ

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース