ソニーとマイクロソフト、クラウドゲームやAIソリューション開発で提携

2019年5月19日 19:11

小

中

大

印刷

ソニーの吉田憲一郎社長兼CEO(左)と、マイクロソフトのサティア ナデラCEO。(画像: ソニーの発表資料より)

ソニーの吉田憲一郎社長兼CEO(左)と、マイクロソフトのサティア ナデラCEO。(画像: ソニーの発表資料より) [写真拡大]

写真の拡大

 ソニーとマイクロソフトコーポレーションは17日、エンターテインメント分野における新たなプラットフォームの開発やAIソリューションの開発に向けて、パートナーシップの意向確認書を締結した。

【こちらも】ソニーのAI統合開発環境 クラウドでの高速学習サービスを開始

 両社は共同で、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用し、ゲームやストリーミングのサービス提供を目的としたクラウドソリューションの開発や、Azureのデータベースソリューションの利用を検討する。世界中の利用者が、一層のエンターテインメント体験ができるよう、コンテンツ制作者に向けた新たな開発プラットフォームの提供も目指すという。

 両社はまた、半導体やAIの分野でも協業を検討する。半導体の分野では、共同で新しいインテリジェントイメージセンサーを開発する可能性を探る。ソニーが持つ最先端のイメージセンサーと、マイクロソフトのAzure AIテクノロジーをクラウド上で統合し、法人顧客向けにサービスの提供を目指すという。AIの分野では、利用者が感覚でAI体験ができるように、ソニーのコンシューマー向け製品でマイクロソフトが持つAIプラットフォームを利用することを検討する。

 ソニーの吉田憲一郎社長兼CEOは、競合する分野もあるとしながらも両社の協業により「インタラクティブコンテンツが更なる進歩に貢献できると信じている。また、AIや半導体の分野でも、両社の技術を用いることで、新たな価値を生み出すことができることを期待する」とコメントしている。

 マイクロソフトのサディア・ナデアCEOは、「AzureやAzure AIプラットフォームをソニーが利用することで、ゲームやエンターテインメント分野で、顧客に新たなユーザーエクスペリエンスを提供することを期待している」とコメントした。(記事:まなたけ・記事一覧を見る

関連キーワードソニークラウドMicrosoft人工知能(AI)半導体Azure

広告

財経アクセスランキング