米国防総省、傘下機関が公開しているWebサイトの総数は把握せず

2019年5月14日 21:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 米国防総省(DOD)では傘下機関が公開しているWebサイトの総数を把握できていないそうだ(Stars and StripesThe Verge)。

 4月24日に開催されたDefense Media Activity(DMA)の職員を対象にしたイベントで局長代行のPaul Haverstick大佐が語ったところによると、DODと各軍のWebサイトの数は「undefined」なのだという。DMAは幅広いメディアを通じてDOD関連の情報発信や娯楽の提供、Web開発・ホスティングなどを行う部局だが、関連Webサイトをすべてホスティングしているわけではない。そのため、推定では2,000~5,000のWebサイトが公開されているとみられるものの、把握できているのは3分の1以下とのこと。しかし、あまりに数が多すぎてどこから手を付けてよいのかわからないそうだ。Stars and Stripesの記事ではDMAが予算や人員の削減に直面する中、DODのWebホスティングサービスに関する責務から逃れたいのではないかとの見方を示している。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 軍事 | インターネット | IT | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
米国防総省のJEDIクラウドシステム、AmazonとMicrosoftが最終選考に残る 2019年04月14日
米国防総省が公募中のJEDIクラウドシステム、提案書提出方法がDVD手渡しに変更される 2018年09月30日
米国防総省、位置情報などの漏洩リスクからフィットネストラッカーの使用制限命令を出す 2018年08月10日
米国防総省、スマホで継続して所有者の活動を監視して本人確認を行うシステムを開発中 2018年05月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告