Android搭載のスマートドア登場

2019年5月8日 09:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 OSとしてAndroidを搭載するドアが発売される(ITmedia)。

 片面に鏡が設置された屋内用ドアで、この鏡の一部がタッチ操作に対応するディスプレイとなる。ディスプレイをOFFにした状態では単なる鏡のように見えるデザインになっており、ディスプレイの解像度は1920×1200ピクセル。カメラも内蔵している。

 天気やスケジュールなどを表示できるほか、Google Play経由でアプリをインストールすることも可能。スマート家電との連携なども考えられているようだ。

 スラドのコメントを読む | Android

 関連ストーリー:
Amazon Dash Button、販売終了 2019年03月04日
クラウド連携スマートリモコン、クラウド側の障害でリモコン操作が一時的にできなくなる 2018年12月26日
Microsoftが人工知能を使った冷蔵庫を開発、LGはWindows 10搭載冷蔵庫を発表 2016年09月09日
ロジテックがスマートホーム機器を操作できる小型スイッチを発表 2016年08月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidGoogle Play

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORANOTECによる発表の様子。(TORANOTECの発表資料より)
  • マツダ100th Anniv.カフェタンブラー(画像: MZRacingの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「マグネター」のイメージ。(c) CSIRO
  • (c) 123rf
  • (c) 123rf
  • 室内で新型コロナウイルスを含んだ飛沫核が移動する様子(上)と換気によって飛沫核の拡散が防げる様子(下)(画像:クイーンズランド工科大学の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース