孫正義氏、ビットコイン投資で145億円以上損失か

2019年5月1日 09:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長がビットコインへの投資で145億円を超える損失を出していたとWSJが報じている(産経ニュースの記事日本経済新聞の記事MarketWatchの記事)。

2017年後半にその価値が高騰し、その後2018年に入ってからは急落した仮想通貨ビットコインだが、丁度高騰したタイミングで購入し、急落した後に売却していたという。

 この投資は孫氏が個人的に行ったもので、具体的な投資金額は不明のようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | IT | お金

 関連ストーリー:
GPUでの仮想通貨マイニングで稼ぐのはもう不可能? 2018年12月18日
ビットコイン急落で採掘から撤退する業者が増加中? 2018年11月27日
仮想通貨相場急落、価格操作やサイバー攻撃などが原因 2018年06月15日
Forbesが2018年版の世界長座番付を発表、トップはAmazonのベゾスCEO 2018年03月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンク仮想通貨孫正義

広告