夫婦のお金事情 円満の秘訣は干渉しすぎないこと

2019年4月28日 22:13

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

ゲンナイ製薬は夫婦の収入と貯蓄額に関するアンケート調査を実施した。お互いの収入を把握していないと答えた女性は3割。夫婦の貯蓄額を知らない夫が多い傾向も判明。

ゲンナイ製薬は夫婦の収入と貯蓄額に関するアンケート調査を実施した。お互いの収入を把握していないと答えた女性は3割。夫婦の貯蓄額を知らない夫が多い傾向も判明。[写真拡大]

写真の拡大

 夫婦のあり方には色々とある。男性が外に働きへ出る昔ながらの夫婦もいれば、女性が一家の稼ぎ頭となっている場合もある。あるいは夫も妻も正社員として会社に雇われ、二人で協力しながら家計を支えている家庭も多いだろう。

 夫婦とは互いに支え合いながら家庭を守っていくものであるが、一つの家族が不自由のない生活を送るためには金銭的な問題から目を背ける事が決してできない。ゲンナイ製薬では既婚女性1,917名を対象にして夫婦の収入と貯蓄額に関するアンケート調査を実施し、金銭と夫婦関係についての数値的な結果をまとめた。

 お互いの収入に関して正確に把握しているかとの質問に対し、把握していると答えた女性は約7割、一方で3割以上の女性は把握していないと回答した。また、夫婦の家計管理については妻が行っている事が多く全体の45%に達している。次いで多かったのは夫婦共同での管理であり、これには39%の回答が集まった。しかしながら家計管理は主に妻の側が担っている事が多いようだ。

 夫が働き、妻が家に入る事が当然だった時代から、夫が稼いできたお金で家計を回すのは妻の役目となっていた。今でもお給料の中から夫に毎月定額のお小遣いを渡す妻も少なくはない。時代が変わっても家計管理を妻に任せる習慣については変化しにくい傾向が見られる。夫婦の貯蓄額に至っては夫も完璧に把握していると答えた女性が2割にも届かず、細かい金銭管理に介入しない夫が多い現状も分かってきた。

 夫が妻にだけ家事を押し付けたり、子育てを全く手伝わなかったりした場合、妻からの反感を買って夫婦関係にまで支障をきたしてしまうおそれがある。しかし貯蓄額の把握などのような金銭管理に関しては、夫が興味を示さなくても女性が不満を抱くことはそこまで多くないようだ。夫が夫婦の貯蓄額を把握していると答えた女性以外に対して夫婦関係に関する聞き取りをしたところ、満足しているとの答えが約8割となった。協力して支え合っていく夫婦ではあっても、お金のことについてはある程度不干渉でいる方が夫婦円満となるのかもしれない。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
国保料、自治体8割でモデル世帯約5万円値上げ
広がる「孤食」 心身のために共食を
共働きキープで生涯賃金4億円 女性の働き方変化

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース