ネイティブキャンプ、「GW英語漬け」で無料トライアルを7日から10日に延長

2019年4月26日 19:06

小

中

大

印刷

(画像: ネイティブキャンプ発表資料より)

(画像: ネイティブキャンプ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ネイティブキャンプ(東京都渋谷区)は25日、同社の展開するオンライン英会話アプリ「ネイティブキャンプ英会話」について、同日より「GW英語漬けキャンペーン」を実施すると発表した。5月7日13時までの期間中に登録すると、通常7日間の無料トライアル期間を10日間に延長することができる。

【こちらも】2019年のGW、4割超が10連休 平均予算は昨年より1.4倍に マクロミル調査

 「ネイティブキャンプ英会話」は、アプリを介して24時間(※月曜2~6時のメンテナンス時を除く)365日オンライン英会話レッスンを受けられるサービス。月額5,950円にて回数無制限でレッスンを受けられる。時間枠は1レッスン25分となっているが、5分など短い時間でもレッスンを受けることができる。会員の家族であれば、ファミリープランにて月額1,980円で同様に受講できるのも特長だ。

 2015年6月にサービスを開始して以来、利用者は累計15万に。講師も、欧米圏の他にフィリピン、セルビアなど100カ国8,000人以上が登録。外国人講師と話すことにハードルを感じている人のために、日本人の講師も在籍。講師を選ぶ際には子ども対応可能かどうかの選択や、趣味などのフリーワード検索もできるため、より自分にフィットした講師を探すことができる。

 無料トライアル期間は通常7日間としていたが、この10連休に合わせて「GW英語漬けキャンペーン」として10日間に延長した。

 スペースマーケットが行ったアンケート調査によると、10連休について「6日間以上空いている」と回答した人の割合が76.3%。多くの人が10連休という長期休暇について予定を持て余しているという結果になった。こうした長い空き時間の活用にも、「GW英語漬けキャンペーン」は利用できそうだ。

 「ネイティブキャンプ英会話」は、パソコンではなくアプリを通じてのサービスになっているため、より手軽に英会話を楽しむことができる。また祝日や休日が10日間も続くというのは他国でも例がなく、英会話の際のいい会話ネタになりそうだ。(記事:藤原大佑 ・記事一覧を見る

関連キーワード英会話

広告

写真で見るニュース

  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
  • 「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース