IBM、HMDで目が合った相手にデータを送信する特許を出願

2019年4月25日 09:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 IBMが視線を合わせることでデータのやり取りを行える技術の特許を出願しているそうだ(CNET Japan)。

 この技術はヘッドマウントディスプレイなどの眼鏡型デバイスを対象にしたもので、互いに装着者の視線を追跡し、目と目を合わせたことを検出してそれをトリガーに相手が装着したデバイスにファイルを送信するという内容となっている。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | テクノロジー | パテント | IBM

 関連ストーリー:
PC用VR HMD「Oculus Rift S」が発表、「Oculus Quest」とともにリリース 2019年03月22日
FacebookからOculus共同創業者が退社、「Rift 2」は開発中止か 2018年10月27日
ソニー、PSVRの新モデルを発表 2017年10月02日
任天堂が米特許商標局に提出したNintendo Switch関連の文章が公表される。HMD関連の図も含む 2016年12月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIBMヘッドマウントディスプレイ特許