露企業、小型衛星使い夜空にペプシの広告出すプロジェクト

2019年4月19日 22:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ロシアのStartRocketという企業が、衛星軌道上に看板を設置するというビジネスを行うそうだ(FuturismSlashdot)。

 StartRocketの計画では、「CubeSat」などと呼ばれる小型人工衛星を複数打ち上げ、太陽光を反射する帆を使って、巨大な広告を星座のようにして夜空に投影するという。

 最初のクライアントはペプシコーラで知られるペプシコで、「Adrenaline Rush」というエナジードリンクの公告を行うという。ペプシコロシア広報担当者Olga Mangova氏は、「私たちはStartRocketの可能性を信じています。軌道看板は通信市場の革命です。だからこそ、 ペプシコロシアのエネルギー飲料「Adrenaline Rush」はブランドの革新者なのです」と回答したという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙

 関連ストーリー:
JAXAの宇宙通信用アンテナから地球外生命体に向け広告メッセージを発する 2013年08月06日
関西発のネオンサイン衛星「KaSpI-1」、2013年打ち上げを目指す 2009年01月13日
カーネル・サンダース、宇宙デビュー!? 2006年11月15日
米、宇宙の広告利用を禁止へ 2005年05月23日
星を綴って広告を 2004年03月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロシア