カンブリア紀の新たな化石群 中国で発見

2019年4月18日 21:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

clay曰く、 中国でカンブリア紀の古代生物の痕跡が大量に発見されたようだ(ナショナルジオグラフィック)。保存状態は極めて良好で、ふつうは化石にならない軟体動物の化石まで見つかっている。

 カンブリア紀は、生物の多様性が一気に増大した、いわゆるカンブリア爆発が生じたとされる時代。過去に「カンブリア紀に進化が集中した理由は地球の酸素濃度にあった?」という話題もあった。

 一方で、この時代に生物達が硬組織を獲得したため化石記録が増えただけという、観測選択効果という説もあるようだ。

 硬組織を獲得した原因として、捕食者が目という器官を獲得して捕食効率が向上したのに対抗するためという説である。

 この時代の生物の、目を始めとする様々な柔組織の解明が進めば、今まで考えられていたストーリーの変更が生ずるかもしれない。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
フィリピンの洞窟で発見された古代人類の化石、新種であるという研究結果が出る 2019年04月15日
6600万年前、小惑星衝突で恐竜が絶滅したときの化石が発見される 2019年04月03日
カンブリア紀に進化が集中した理由は地球の酸素濃度にあった? 2014年11月17日
「消えた生物」エディアカラ生物群の保存状態の良い化石が発見される 2004年07月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国