ARM64版Windows 10でネイティブ動作するMozilla Firefoxのベータ版公開

2019年4月16日 20:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 MozillaがARM64版Windows 10上で動作するFirefoxをベータ公開した(窓の杜MozillaのFuture Releaseブログ)。

 対応CPUはQualcommのSoC「Snapdragon」。Snapdragonはマルチコア構成のCPUだが、今回公開されたFirefoxはマルチプロセス構成によってそのパフォーマンスを引き出せるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Firefox | IT

 関連ストーリー:
Snapdragon搭載Windows PCでUbuntuを使えるようにするオープンソースプロジェクト 2019年02月19日
ARM版Windows 10の制約とは? 2018年02月21日
ARM版Windows 10が登場。製品はHPとASUSから発売予定 2017年12月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSnapdragonQualcommWindowsWindows 10FirefoxMozillaARM

広告

広告

写真で見るニュース

  • エコニコール製クッションが採用されたRobocar Walk(三井化学発表資料より)
  • 7月24日に発売されるKindle Oasisの新モデル。(画像: アマゾンジャパンの発表資料より)
  • トヨタ フォーチュナー  (画像:TOYOTA Motor Philippinesの発表資料より)
  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース