ARM64版Windows 10でネイティブ動作するMozilla Firefoxのベータ版公開

2019年4月16日 20:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 MozillaがARM64版Windows 10上で動作するFirefoxをベータ公開した(窓の杜MozillaのFuture Releaseブログ)。

 対応CPUはQualcommのSoC「Snapdragon」。Snapdragonはマルチコア構成のCPUだが、今回公開されたFirefoxはマルチプロセス構成によってそのパフォーマンスを引き出せるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Firefox | IT

 関連ストーリー:
Snapdragon搭載Windows PCでUbuntuを使えるようにするオープンソースプロジェクト 2019年02月19日
ARM版Windows 10の制約とは? 2018年02月21日
ARM版Windows 10が登場。製品はHPとASUSから発売予定 2017年12月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSnapdragonQualcommWindowsWindows 10FirefoxMozillaARM

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース