大阪福島に新名所、複合ビル5月15日開業 賑わい演出の「ふくまる通り57」も

2019年4月16日 20:46

小

中

大

印刷

ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)

ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • ふくまる通り57のロゴ

 阪神電鉄とJR西日本が進めている大阪市福島区福島の「福島5丁目・7丁目共同開発」で、ホテルと商業施設が入居する複合ビルが5月15日、開業する。複合ビルとJR大阪環状線間の通りには「ふくまる通り57」が通り開きし、福島の新名所となりそうだ。

【こちらも】イオンモール初のオフィス複合型商業施設、2021年に名古屋で開店へ

 複合ビルはJR福島駅近くの大阪環状線高架に沿って建てられ、地上12階建て延べ約1万1,000平方メートル。阪急阪神ホテルズが運営する「ホテル阪神アネックス大阪」が入居する。客室数は254室。大阪ならではの食を楽しめる福島という立地を生かし、韓国や中国など東アジアからの訪日客をメーンターゲットとする。

 1~3階にはH2Oリテイリンググループの「阪急オアシス 福島ふくまる通り57店」が入居し、1~2階でスーパー、3階でクリニックモールを営業する。このほか、1階に蕎麦酒房ふくまるが出店、宿泊客に飲食を提供するとともに、十割そばのランチと夜の宴会を楽しめるようにする。

 複合ビルと大阪環状線高架に間にある阪神電鉄、JR西日本の旧線路敷は、ふくまる通り57と命名され、かつての歴史を想起させるモチーフも設置する。通りの名称は今までの福島と新しい福島、地域の人と訪れた人をつなぎ、たくさんの福が舞い込むよう願いを込めた。57は福島5丁目と7丁目の位置することからつけられている。

 通りに面したキッチン&マーケットでは、南欧をイメージした4つのバル&カフェコーナーを設け、各店が通りにテーブルと椅子を設置し、屋外でも営業する。

 福島地区は大阪のビジネスの中心である北区の梅田から西へ約1キロ。堂島や中之島とも接し、大阪キタのビジネス街の一角を占めている。おしゃれなカフェや飲食店が増えており、「食い倒れ」の大阪を代表する食の街の1つとして人気が急上昇している。

 大阪観光局によると、来阪外国人観光客は2018年1年間で過去最高の約1,200万人に達したが、心斎橋、なんばなどミナミの人気が高く、キタは京都へ向かう通過点になる傾向も見える。阪神電鉄などでは福島へ訪日客を引き込み、地域のにぎわいをさらに高めることを目指す。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワードJR西日本阪急阪神ホテルズ

広告

広告

写真で見るニュース

  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
  • 双子原始星からのふぞろいな分子流と円盤の想像図 (c) 国立天文台
  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース