夏の暑さ対策に“赤穂の天塩”入りコーラ 赤穂化成が発売

2019年4月15日 19:27

小

中

大

印刷

夏の暑さ対策になるという塩分入り「熱中対策コーラ」(写真:赤穂化成の発表資料より)

夏の暑さ対策になるという塩分入り「熱中対策コーラ」(写真:赤穂化成の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 塩田製法の技法を生かした塩や海洋深層水を使った飲料の開発で知られる赤穂化成(兵庫県赤穂市)は15日、「赤穂の天塩(あましお)」入りのコーラ飲料を発売した。コーラの甘みに塩分が絶妙なアクセントとなっているカロリーゼロ・ノンカフェイン飲料で、塩分濃度は0.17%。同社は夏の猛暑期の水分補給に適した飲料だとしている。

【こちらも】自動車内での子供やペットの置き去りを検知 オムロンがセンサー開発

 発売されたのは、「熱中対策コーラ」。ペットボトル入り490ミリリットルで価格は140円(税抜)。全国のスーパーなどで販売している。

 赤穂化成によると、熱中対策コーラの中には、同社が伝統的製法を生かして製造している「赤穂の天塩」が入っており、汗をかいたときに水分とともに体内から失われる塩素やナトリウムを補うことができる。厚生労働省や環境省では、夏の暑さ対策として、塩分濃度0.1~0.2%程度の水分摂取を奨励しており、このコーラの塩分濃度もそれに合わせている。

 同社では、主力製品である塩やにがりを使った食品や飲料の開発に取り組んでおり、2008年からは、塩を配合した清涼飲料水やゼリー飲料を「熱中対策水シリーズ」として発売。今年、新たにコーラを加えた。暑さ対策になる塩分入りコーラを販売するのは同社が初めてだという。

 赤穂化成は、古くから塩作りが盛んだった赤穂の塩田業組合の流れを汲む製塩会社。1970年代に発売した「赤穂の天塩」は、塩田でつくられる塩の特色である「にがり」を含んだあら塩で、45年以上続くロングセラー商品となっている。また1998年には、水深200メートル以上の深海にある海洋深層水の商品化に成功。大ヒット商品となった。

 「熱中対策コーラ」について同社は、「塩分の絶妙なアクセントがやみつきになる味。カロリーもゼロなので、コーラをよく飲む人のほか、糖分の取り過ぎや体型を気にしている人にも飲んでもらえる。暑い夏に炭酸ですっきりリフレッシュしながら、しっかり水分と塩分を補給してほしい」としている。

関連キーワード厚生労働省環境省赤穂化成

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース