「みんなのJAL2020ジェット」1号機、4月8日就航 機内ではマスコットも

2019年4月9日 08:28

小

中

大

印刷

特別塗装機「みんなのJAL2020ジェット」。(画像: 日本航空の発表資料より)

特別塗装機「みんなのJAL2020ジェット」。(画像: 日本航空の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 日本航空(JAL)は8日、2020年東京オリンピック・パラリンピック応援の特別機「みんなのJAL2020ジェット」の運航を開始した。

【こちらも】JALの新型機「エアバスA350-900」、9月1日に羽田~福岡線へ就航

 運航に先立ち、羽田空港では第1便となる大阪行きの出発前に記念セレモニーが開催された。JALのアスリート社員で三段跳びの山本凌雅・走り高跳びの戸邉直人両選手も参加。戸邉選手は、「TOKYO 2020と描かれた飛行機が日本の空を飛び回ることで、東京五輪への機運が高まる。本番に向けて頑張りたい」と抱負を語った。

 その後、NHK2020応援ソングである「パプリカ」を歌う5人の小学生ユニット「Foorin」がパプリカの歌とダンスを披露して盛り上げた。

 当日はボーイングの特別塗装機が羽田空港の格納庫で披露された。ボディには「TOKYO 2020」、大会マスコットである「ミライトワ」「ソメイティ」と東京の高層ビル群も大きく描かれれている。これらのマスコットは、日本全国の小学生からの投票で選ばれたもの。機体の装飾作業には7日間を要したとのことである。

 機内のヘッドレストカバーや紙コップも特別デザインで両マスコットが描かれている。この他にもコカ・コーラとのコラボによるボールペンが5月7日まで搭乗者全員にプレゼントされる。

 同機は8日、東京(羽田)発、大阪(伊丹)行きのJAL121便として運航が開始された。期間は2020年10月末までとし、その後札幌(新千歳)、福岡、沖縄(那覇)線などにも順次運航される予定。JALは今後東京五輪大会までに、デザインの異なる第2号機・3号機の特別塗装機を就航させるとしている。

 第1号機の機材は、ボーイング777-200型機である。座席数はファーストクラス:14席、クラスJ:82席、普通席:279席の合計375席。第1号機は羽田を14時30分に出発し伊丹に15時35分着、乗客は幼児5名を含めた221名であった。

 2020年7月24日の東京オリンピック・パラリンピックの開幕まで500日を切り、大会会場・施設等の工事も急ピッチで進んでいる。大会が盛り上がり無事に成功することを祈りたい。(記事:kan1713・記事一覧を見る

関連キーワードコラボレーション東京オリンピックコカ・コーラ日本航空

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース