クラウド導入企業、7割が導入後に「社内LAN重くなった」

2019年4月3日 23:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ソニービズネットワークスの調査によると、クラウドサービスを使用している企業の68.6%が、クラウドサービスの導入後に社内ネットワークが重くなった、つながりにくくなったなどと感じているという(ソニービズネットワークスの発表@IT)。

 調査レポートによると、「クラウドサービス導入後、社内でネットワークが重くなったり、つながりにくくなったりしたことがありましたか」という設問に対し、28.6%が「そう思う」、40%が「ややそう思う」と回答した。また、「クラウドサービス導入後、ネットワークの増強・改善を行いましたか」との設問に対しては29.0%が「増強・改善を行った」、38.0%が「増強・改善を行う予定がある」と回答している一方で、増強・改善をしたにも関わらず「ネットワークの重さが解消されなかった」との回答が50.7%、「日数が経過したら、ネットワークが再び重くなった」との回答も42.3%あった。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | クラウド | IT

 関連ストーリー:
富士通、全社内システムをクラウドに移行へ 2015年02月18日
クラウドコンピューティングの普及によって企業のITサポート部門は一掃される? 2012年06月05日
クラウド移行の理由は「社内IT部門が嫌い」だから? 2011年06月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラウド

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース