Windows 10 Insider Preview 19H1最新ビルド、スローリングへの提供を中止

2019年3月30日 20:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftは3月26日、Windows 10 Insider Preview ビルド18356.16がインストールされたスローリングのPCに対するビルド18362の提供を中止した(Windows Experience Blogの記事Neowinの記事Softpediaの記事Windows Centralの記事)。

スローリングには3月15日にビルド18356.1の提供が始まり、3月19日に累積更新プログラムKB4494123が配信されてビルド18356.16となっていた。3月22日に提供が始まったビルド18362はスローリング初の19H1最新ビルドであり、RTM間近とも報じられていた。しかし、直後からインストールエラーが多数報告されており、フィードバックHubでは1,600票を超える賛成票を集めている。

問題が発生しているのはビルド18356.16のみだといい、Microsoftでは同ビルドがインストールされたPCのみビルド18362の提供を中止し、修正後に再開すると述べている。これよりも古いビルドに対する提供は引き続き行われるようだ。 

スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | バグ | Windows | デベロッパー

 関連ストーリー:
Windows 10 20H1、更新適用による再起動後にメモ帳の未保存テキストを復元する機能が追加 2019年03月17日
Windows 10 Insider Preview、初の20H1ビルドが提供開始 2019年02月16日
Windows 10 Insider Preview 19H1、初のリリースブランチビルドが提供開始 2019年01月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10

広告

財経アクセスランキング

広告