ChromiumベースのEdgeブラウザがネットに流出

2019年3月27日 11:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨年末、MicrosoftがEdgeブラウザをChromiumベースにすることを発表したが(過去記事)、ChromiumベースとなったEdgeブラウザがネット上にリークされたとThe VergeBleeping Computerが伝えている(GIGAZINE)。

 リークされたEdgeブラウザはWindows 10で動作するもので、Chromeとほぼ同等の機能的を備えているという。Chromium 75をベースとしており、Chromeからの各種データのインポート機能も備えるようだ。一方で設定画面などはWindows 10アプリ風になっている模様。さらに、「Google Safe Browsing」は削除され、代わりにWindows Defenderの「SmartScreen」機能を利用できるように変更されているようだ。また、Chrome向けの拡張機能も利用できるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | インターネットエクスプローラ | Windows

 関連ストーリー:
「MozillaはChromiumを採用すべき」とMicrosoftの幹部が個人的な立場で提案 2019年01月30日
Mozilla、EdgeがChromiumベースになることに対しGoogleの独占を危惧 2018年12月12日
Microsoft、EdgeブラウザをChromiumベースにすることを発表 2018年12月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleMicrosoftWindowsWindows 10ChromeChromium

広告