ChromiumベースのEdgeブラウザがネットに流出

2019年3月27日 11:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨年末、MicrosoftがEdgeブラウザをChromiumベースにすることを発表したが(過去記事)、ChromiumベースとなったEdgeブラウザがネット上にリークされたとThe VergeBleeping Computerが伝えている(GIGAZINE)。

 リークされたEdgeブラウザはWindows 10で動作するもので、Chromeとほぼ同等の機能的を備えているという。Chromium 75をベースとしており、Chromeからの各種データのインポート機能も備えるようだ。一方で設定画面などはWindows 10アプリ風になっている模様。さらに、「Google Safe Browsing」は削除され、代わりにWindows Defenderの「SmartScreen」機能を利用できるように変更されているようだ。また、Chrome向けの拡張機能も利用できるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | インターネットエクスプローラ | Windows

 関連ストーリー:
「MozillaはChromiumを採用すべき」とMicrosoftの幹部が個人的な立場で提案 2019年01月30日
Mozilla、EdgeがChromiumベースになることに対しGoogleの独占を危惧 2018年12月12日
Microsoft、EdgeブラウザをChromiumベースにすることを発表 2018年12月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleMicrosoftWindowsWindows 10ChromeChromium

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース