ライフ RSS

 

副業にはメリットばかりではない メリットと合わせて考えるデメリット

2019年3月27日 21:56

小

中

大

印刷

 ここ最近、副業を始めたという人は多い。まだ始めてはいないが興味を持っている人はさらに多いのではないだろうか。世間的には副業のメリットに関する情報が多いように見えるが、もちろんデメリットも存在する。ここでは興味を持っているがまだ始めていない人に向けて、副業のメリットとデメリットをいくつか紹介する。

【こちらも】副業は本業に支障をきたすは本当か 副業による本業へのメリット

■メリット

●金銭的に余裕ができる

 副業を始めるメリットとして一番とも言えるメリット。たとえ毎月2~3万円であっても有ると無いとでは大きく異なるため、金銭的に余裕ができるということはかなり大きいメリットである。

●万が一に備えたリスク回避ができる

 今の時代、いつ会社が倒産しても、リストラされてもおかしくない時代である。そんな時、もし副業をしていなければ突然収入がゼロになる。しかし副業をしていれば、収入は減るがゼロではない。これは金銭的だけではなく、精神的にも安心できる部分が非常に大きいと言えるだろう。

●可能性が広がる

 本業の仕事だけだと得られないような経験も、副業をして得られるという可能性もある。例えば起業。本業の傍ら、副業として何か仕事を始めたことで、副業が調子よくなってくると会社を設立できる可能性も出てくる。

 他にはフリーランスとして働く場合も、ありとあらゆることを自分でできるようにならなければいけないため、必然的に勉強が必要になってくる。このように知識を得ることで副業にだけではなく、本業の仕事にも活かせるスキルが身に付く可能性は大いに考えられる。

■デメリット

●忙しくて時間にゆとりが無くなる

 副業とは本業もしつつ、本業の時間以外でやる仕事のことを言うので、単純に休める時間が減る。本業の仕事が休みの日に副業をするとなれば休日は無くなる。これは想像以上にしんどいことである。

●確定申告が必要になる

 副業での所得が年間20万円を超えた場合、確定申告が必要になる。今まで会社勤めしかしたことがない人は、このような処理は全て会社がしてくれているので特に考えたことはないかもしれないが、それらの作業を自分で行わなければらならないため、少し面倒かもしれない。

●万が一副業禁止の会社に勤めている場合

 現在勤めている会社が副業を禁止している会社だった場合、おそらくばれた時に何らかの処分を受けることになるかもしれない。最悪の場合、解雇される可能性も考えられる。

 副業を始めたい場合はまず就業規則をよく確認し、副業が禁止されているのであれば、諦めるか、会社と相談したほうが良いだろう。もし副業を隠して始める場合、いずれ何らかの形で会社にばれると思っておいたほうがいいだろう。

 以上、いくつかのメリットとデメリットを紹介した。他にも色々挙げられるメリット・デメリットはあるが、まずはこれらのことを踏まえたうえで、副業を始めてみたい人にはぜひ挑戦してほしいと思う。(記事:IKO・記事一覧を見る

関連キーワード副業確定申告

広告

広告

写真で見るニュース

  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース