Apple、「ペンパイナッポーアッポーペン」商標登録の取消に失敗

2019年3月19日 21:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Appleがエイベックスによる「ペンパイナッポーアッポーペン」の商標登録に対し異議申し立てを行なったものの、認められないという結果が出ていたそうだ(栗原潔弁理士によるYahoo!ニュース記事)。

 「ペンパイナッポーアッポーペン」はお笑いタレント古坂大魔王氏が扮する(設定的には別人とされる)シンガーソングライター「ピコ太郎」の持ちネタ「PPAP」で登場するフレーズ。

 「PPAP」や「ペンパイナッポーアッポーペン」は他人の商標の先取りとなるような出願などの商標登録出願を大量に行っているとしてたびたび話題になっているベストライセンスが商標出願しており、エイベックスは対抗措置として商標出願したのではないかとも言われていた(過去記事)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | アップル

 関連ストーリー:
人気店の商標を勝手に取得してフランチャイズ化していた企業が炎上 2019年01月23日
19世紀創業のピンカートン社、西部開拓時代を描いたゲームに許可なく同社を登場させたとして開発社を提訴 2019年01月17日
大量の「商標出願登録」で話題のベストライセンス、今度は「PPAP」を商標出願 2017年01月26日
流行語大賞2016、ユーキャンとガジェット通信の場合 2016年12月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードApplePPAPピコ太郎