トヨタ自動車とJAXA、有人月面車開発で協力へ

2019年3月14日 21:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AC0x01曰く、 JAXAとトヨタ自動車は12日、国際宇宙探査ミッションでの協業の可能性を検討していくことに合意したとして、その第一弾として「有人与圧ローバ」について協力を進めていくことを明らかにした(JAXAプレスリリースNHKSorae科学ライター大貫氏の解説ツィート)。

 発表された「有人与圧ローバ」は全長6.0mとマイクロバス2台分ほどの大きさのもので、2人乗り(最大4人)で4畳半ワンルーム程度の与圧空間を持つ。6週間の滞在能力を持ち、燃料電池搭載で満充填では1000km走行可能と、アポロ計画の月面車が与圧無しで走行距離が数十kmだったのと比べ、遥かに高い能力を持つ。

 発表では、2029年の打ち上げを目指すとされている。現在NASAは月探査の拠点となる月軌道ゲートウェイを2026年頃までに建設し、2029年には年5回もの月着陸を行う計画を立てているという事で、その際の移動拠点となることを企図しているようだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | JAXA

 関連ストーリー:
中国の月面探査機「嫦娥四号」、人類史上初めての月裏側への軟着陸に成功する 2019年01月07日
Google Lunar X PRIZE、誰も到達できず期限切れで終了 2018年01月24日
中国の月探査車「玉兎」、復旧なるか 2014年02月17日
インドの月探査衛星「チャンドラヤーン1」10月に打ち上げ予定 2008年09月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車燃料電池NASA宇宙航空研究開発機構(JAXA)

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース