アストンマーティン・ヴァルキリーのパワーユニットは1176psマイルドハイブリッド

2019年3月12日 08:25

小

中

大

印刷

「アストンマーティン・ヴァルキリー」。(写真: アストンマーティンの発表資料より)

「アストンマーティン・ヴァルキリー」。(写真: アストンマーティンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 「ヴァルキリー」と聞くと、XB-70 ヴァルキリー(North American XB-70 Valkyrie)半世紀前のマッハ3の試作戦略爆撃機を思い浮かべてしまうのは歳のせいだ。「ヴァルキリー」は北欧神話の戦乙女ワルキューレの英語読みだが、戦場で生きる者と死ぬ者を定める女性である。また「死者を選ぶ者」と言われ、不死鳥の意味と紹介されたこともある。そんなアストンマーティン・ヴァルキリーのパワーユニットは、システム最高出力1176ps/10500rpm、最大トルクは900Nm/6000rpmと公表された。それが、マイルドハイブリッドなのだ。

【こちらも】EVラッシュ、各メーカー次々に生産計画を発表 日産EVも加速

 マイルドハイブリッドと言うと小型車で「小出力」とイメージしている人もいるが、元々はF1レースカーやル・マンで優勝したトヨタ・ TS050 HYBRIDなどで装備されていたシステムだ。そのトヨタ・TS050 HYBRIDも、最高出力 735kW/1000PS(エンジン+モーター)となっている。耐久レースのル・マンカーよりも、短距離レースのF1マシンのほうが最高出力は高い。

 アストンマーティン・ヴァルキリーのパワーユニットはF1の技術を基にしているようだ。コスワース製の6.5LV12エンジンは、単体で最高出力1014ps/10500rpm、最大トルク740Nm/7000rpmに電動モーターが加わって、システム最高出力1176ps/10500rpm、最大トルク900Nm/6000rpmとなる訳だ。

 さらに、アストンマーティン・ヴァルキリーのハイブリッドシステム技術の隠れた主役は、「回生ブレーキ」と言ってもよいかもしれない。市販車のマイルドハイブリッドと言えば、低速時の力強さ、乗りやすさだが、レーシングカーでのマイルドハイブリッドは「コーナーからの立ち上がりの鋭さ」となって表れる。

 F1では「KERS(カーズ)」(Kinetic Energy-Recovery System)“運動エネルギー”回生システムと呼ばれていたが、現在では“熱エネルギー”回生も行うシステムになってきた。もっとも運動エネルギー、つまり慣性で動いている車体をブレーキで熱エネルギーに変えて放出していたものを、「発電して電池に蓄積する方法で、電気として回収する」ので、全てのシステムは「熱エネルギーで放出していた」ものを「電気に変えるシステム」と見ていて良いだろう。

 現在、市販車で「回生ブレーキ」と呼んでいるシステムだ。これは、エンジン、EV、HV、PHEVなど、すべての車両で使われるべきシステムと言えよう。それにしても、アストンマーティン・ヴァルキリーのエンジンのレッドゾーン(最高許容回転数)11000rpmはすごい。これはほとんどF1エンジンだ。日常に使うには全く不向きと言えるだろう。F1においても、CO2排出規制を意識してハイブリッドを研究していた訳だが、もうこのような(6.5L)大排気量のエンジンを作ってはいけないのかもしれない。F1、ル・マンに参戦していたメーカーの多くが、フォーミュラEに転戦していった。今後、トヨタはどう動くのであろうか?(記事:kenzoogata・記事一覧を見る

関連キーワードハイブリッド車アストンマーティン

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース