公取委、Amazon・ヤフー・楽天の通販大手とGoogle・Appleへの調査を開始

2019年3月1日 23:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 公正取引委員会がアマゾンジャパンや楽天、ヤフーの国内ネット通販大手3社とAppleおよびGoogleについて、これら企業の取引先に対しアンケート調査を行うとのこと。これら企業が優位な立場を使って不利な取引を強いていないかを調査する(読売新聞産経新聞日経新聞)。

 Amazon.co.jpが全商品でポイント付与を開始することが報じられているが、出品者がそのコストを負担するとされており議論を読んでいた。ヤフーや楽天も似たような仕組みを導入しており、Amazonのポイント導入をきっかけに各社が調査されることになったようだ。

 また、GoogleやAppleについては、App StoreやGoogle Playでコンテンツやアプリを販売する事業者がアンケート調査対象になるようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | インターネット | Yahoo!

 関連ストーリー:
Amazon.co.jp、全商品でポイント付与を開始へ。Amazon以外が販売する商品に関しては出品者がコストを負担 2019年02月25日
公取委、AppleがYahooのゲーム配信サービス「ゲームプラス」に圧力をかけたとして調査 2018年08月17日
Apple、公正取引委員会からの指摘を受けてiPhoneの納入条件を変更へ 2018年07月14日
アマゾンジャパンに立ち入り検査 公取委、独禁法違反の疑い 2018年03月16日
フリーランスへの不利な契約の押し付け、独占禁止法の適用対象へ 2018年02月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleApple楽天AmazonAmazon.co.jp公正取引委員会Google Play

広告