バックグラウンドで不正に広告動画を再生するアプリ Google Playで配布

2019年2月26日 22:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 動画広告を不正にバックグラウンドで再生して広告掲載料を不正に詐取するアプリがGoogle Playで配布されていたという(ITmediaAdAgeSlashdot)。

 こういった不正な手法は複数のアプリで確認されており、これらアプリの合計ダウンロード数は1000万回を超えていたという。再生される動画広告はアプリ画面には表示されず、アプリを使っていないときやスリープ時にも動画広告を再生していたという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 携帯電話 | 広告 | インターネット | Android

 関連ストーリー:
プライバシーとセキュリティを念頭に置いたFacebookの新デバイス、データはターゲティング広告に 2018年10月21日
バックグラウンドで広告を表示させて不正に広告料を得るサイトが多数見つかる 2018年09月07日
DoubleClickの広告経由で仮想通貨採掘スクリプトが配信される 2018年01月27日
電通がネット広告で不適切な処理を行っていたと発表 2016年09月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle Play

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース