4月6日にGPS信号中の週番号でロールオーバー発生、機器に不具合の可能性も

2019年2月18日 21:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 GPSではGPS衛星信号に含まれる週番号を使って日付を算出するが、この週番号は10ビット(最大値は1023)で管理されており、1024週目には0にリセットされる運用となっている。このリセットは「ロールオーバー」と呼ばれており、今年4月6日(米国時間)にこのロールオーバーが発生するそうだ。

 これにより、ロールオーバーに対応していないGPS機器で問題が発生する可能性があるとのこと(The Register国土地理院Slashdot)。

 ロールオーバー関連の挙動についてはフルノのドキュメントが詳しい。なお、前回のロールオーバーは1999年に発生していた(WIRED)。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
GPS反射波とハリケーン観測衛星を使って海面を正確に観測する技術 2016年03月03日
「iPhoneを探す」で実際の所在地とは別の場所が現在位置として表示される問題 2016年01月26日
GPSでの測距、距離を長めに表示してしまう傾向がある? 2015年11月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード国土地理院

広告

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース