4K放送録画機の互換性に問題

2019年2月18日 21:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨年12月より4K8K衛星放送がスタートし、これに対応する録画機もすでに出回っているものの、録画したものを光ディスクに記録した場合の再生互換性にはまだまだ課題が残っているという(AV Watch)。

 4Kコンテンツ向けの光ディスク規格としてはUltra HD Blu-ray(UHD BD)がある。すでにUHD BD再生に対応したプレーヤーは登場しているが、4K放送対応レコーダーで録画したコンテンツをBlu-rayディスクに書き出したものはそのままでは一般的なUHD BD再生機器での再生ができないという。さらに、たとえばパナソニックのレコーダで書き出したBlu-rayディスクはシャープのレコーダでは再生できない、というメーカー毎の互換性問題もあるそうだ。

 これは、著作権保護規格の違いや、記録方式の違いなどが原因だという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | テレビ | ハードウェア | DRM

 関連ストーリー:
多くの新聞のテレビ欄は4K8K放送への対応がまだまだ不十分 2019年02月05日
4K8K放送開始後1ヶ月、世帯普及率は全体の約1% 2019年01月29日
12月1日より新4K8K衛星放送がスタート 2018年12月03日
4K/8K放送に関するアンケート調査、4K放送をぜひ視聴したいとの回答は12% 2018年11月06日
4K/8K衛星放送、コピープロテクトとしてAACS2の採用が決定 2018年09月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード4K著作権パナソニックBlu-rayシャープ8K

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース