ライフ RSS

 

事前シミュレーションで問題なし 育休明けの職場復帰

2019年2月17日 20:20

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

寒い冬が終わり、あたたかな春が来ると暮らしの環境の変化を経験する人も多いと思う。そんな変化の一つに育休上げの職場復帰という変化を経験する人も多いのではないだろうか。

寒い冬が終わり、あたたかな春が来ると暮らしの環境の変化を経験する人も多いと思う。そんな変化の一つに育休上げの職場復帰という変化を経験する人も多いのではないだろうか。[写真拡大]

写真の拡大

寒い冬が終わり、あたたかな春が来ると暮らしの環境の変化を経験する人も多いと思う。そんな変化の一つに育休上げの職場復帰という変化を経験する人も多いのではないだろうか。

 またバリバリと仕事をするぞと燃えている人もいるだろうが、復帰して約3か月ほどで迎えることが多いという育休明けの壁があるという。それは疲労だ。そして疲労を促すストレスも壁と言えるかもしれない。

 「これまで働いていた職場に復帰だから、ストレスは多くないはず」この小さな思い込みが大きな疲労を招く可能性があることをご存じだろうか。倒れてからでは遅い。だからこそ復帰前と後で生活がどう変わるのか。そして回避する方法をシュミレーションしておくことは助けになるだろう。

 では、復帰後に出てくる問題にはどのようなものがあるだろうか。真っ先に考えたいことは子ども関係の事だ。子どもは急に病気になる。熱のため保育園に預けることができない場合どのように対処することができるだろうか。

 子ども関係以外でも様々な変化はある。家事を短時間でこなす必要があるし、買い物の時間もこれまでより短時間でこなさないといけない。少し考えてみるだけでも、復帰の前と後では生活が大きく変わってしまうのだ。この変化がストレスとなり疲労につながっていく。だからこそ、急なトラブルにどのように対処できるのかをシュミレーションしておくことは助けになる。

 どのように効果的にシュミレーションできるだろうか。それはまず問題となりそうな状況を書き出してみることが。箇条書きで良いだろう。そして問題の対処方法を具体的に考えてみる。

 例えば子供の急な病気の場合。対処方法として、病児保育に預ける。ベビーシッターを依頼する。祖父母に依頼するなどを想定することができる。

 想定できたら、それに向けて段取りをしよう。近隣の病児保育はどこにあるのか。複数件見つけておくといいだろう。ベビーシッターを頼むのなら事前に会員登録が必要な場合もあるし、子どもが安心するように復帰前にお試しで依頼を出してみることもできる。祖父母にお願いするとしても、事前に「こうしたときは助けてほしい」と要望を伝えることができる。

 書き出してみると、対処に向けての行動も見えてくる。結果具体的なシュミレーションができるようになる。こうした方法を使って、育休明けの職場復帰でかかってくるストレスを軽減し疲労を軽減することで復帰明けの壁を越えていくことができるのだ。ぜひ試してみてほしい。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
企業主導型保育所 定員割れや閉鎖目立つ
共働きキープで生涯賃金4億円 女性の働き方変化
保育所にあえて落選 育休延長に利用急増
なかなか増えない男性の育休取得 出生率への影響とは
管理職志望の女性25%。理由は「給与アップ」。産休・育休制度拡充必要

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース