セブンイレブン、鹿児島県内200店舗突破記念 地域・期間限定品4種を発売

2019年2月15日 15:32

小

中

大

印刷

もち麦もっちり!鹿児島県産鶏の鶏めし。(画像:セブン‐イレブン・ジャパン資料より)

もち麦もっちり!鹿児島県産鶏の鶏めし。(画像:セブン‐イレブン・ジャパン資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 セブンイレブンは、鹿児島県での出店店舗数が200店を越えたことを記念して、4品の特別限定メニューを、2月19日から約2週間の期間、県内の店舗で販売する。

【こちらも】コンビニコーヒーの購入者が増加 コンビニ利用者の6割超に マイボイスコム調査

■もち麦もっちり!鹿児島県産鶏の鶏めし

 価格は税込(以下同)で140円。まず、鹿児島には「鶏めし」という地元で親しまれている料理がある。それをベースとして、おにぎりにアレンジしたものがこちらの商品である。鹿児島県産の鶏肉を鶏そぼろのミンチに使用し、さつま揚げと椎茸の戻し汁を加えることでうまみたっぷりな仕上がりに仕立てた。また、もちむぎが加えられている。

■濃厚ビーフカレー(鹿児島県産黒牛使用)

 価格は610円。地元のブランド牛である鹿児島黒牛をぜいたくに使用したカレー。長時間煮込むことで、黒牛のうまみがすべてカレーの中に溶け込み、濃厚な味わいを醸し出している。

■おいもくりーむっち

 価格は200円。宮崎県さつまいもを使用したクリームとカスタードクリームをしっとりとした白焼きのパンで包み、ホイップを入れた本格的なクリームスイーツパンであり、今回の記念特別限定メニュー用として、「ありがとう200店」の焼き印が入れられている。

■まっくろメロンパン(チョコチップ)

 価格は138円。ところで鹿児島のイメージカラーは、黒である。上に出てきた黒牛もそうだが、地域で親しまれている黒特急「はやとの風」などの存在もあり、鹿児島の暮らしにはたくさんの黒があふれる。この商品は、パン生地にココアを練り込むことで、そのイメージ色である黒色に仕立て上げたメロンパンである。ざらめをちりばめることで食感は豊かに仕上がり、そして中も黒い。中には、味のアクセントとなるチョコクリームがサンドされている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードセブンイレブン鹿児島県

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース